今日の一枚:やっぱり家族と一緒が良い!!

今日の一枚はこれ。撮影日は2016年12月22日午前10時42分。

2016年の初回自転車プロジェクトの最終日に撮った写真です。自転車をプレゼントしたあと何件かの家庭を訪問させてもらったのですが、その道中に牛車の列に遭遇しました。訪問先がトンレサップ川の近くだったのですが、トンレサップ川は外国人観光客向けのクルーズ船が出ています。クルーズの途中で下船して農村エリアを観光する行程があり、安田達はちょうどその農村エリア観光に出くわしたのでした。

観光客にとっては牛車も珍しいので、その牛車に乗せられて観光します。目の前の牛車には観光にきた親子(お母さんと娘さん)が牛車の後方にいる小さな女の子に注目しています。何を話してるんでしょうねぇ。まぁとにかく親子でカンボジア旅行に来たのだからきっと幸せ家族。裕福でもあるのでしょう。

で、安田が併せて着目したのが後方係の女の子。写真では真面目な顔して写っていますがとっても楽しそう。そして後方係の仕事をとても誇らしく思っているように見えました。牛車を操縦するのはこの子のお父さんだとのことでした。お父さんの仕事を手伝って誇らしい。そしてお父さんといつも一緒で楽しい。

1台の牛車に集まる2つの家族。どちらも家族一緒。おかれた状況はまったく異なりますが、どちらの子どもも楽しそう。そんな幸せが感じられる一幕で、安田はこの写真が大好きです!

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


新しいチラシが完成しました!!

皆さん、こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。本日、今年度版の新しいチラシが届きました。チラシ作成をお願いしたのは毎年おなじみの株式会社リノさん。(いつもありがとうございます!!)

今年は昨年版からマイナーチェンジで、今年から新たに加わった自転車パーツ補給の申込欄を追加したりしました。

今日からどんどん配布していきますので、皆さん安田と出会ったら是非受け取ってくださいね(^^)

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


今日の1枚:●●●の餃子

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しています安田です。今日の一枚はこれ。

2015年11月にはじめてカンボジアに行った際に、トゥクトゥクドライバーのジョンとタケオに行きました。その帰り道に寄った屋台です。

お店のお姉さんが焼いているのはオレンジ色の物体を串に焼き鳥のように刺したもの。で、これが焼き鳥ならぬ、焼き蛙です。手羽元ギョーザのように中に野菜を中心とした具が詰められていて、とてもおいしいです!(※珍食材として紹介したいのではありませんよ。安田は何でも食べてしまいますので・・・)

焼き蛙職人のお姉さん。とっても美人さんで愛想もよかったです。

のどかな田園風景が広がるなか、ジョンと蛙餃子&ビールを楽しみました。そのときのことを時々思い出します。

ジョンは元気かなぁ・・・

と、心配するに及びません。ときどきジョンはFacebookメッセンジャーの通話機能を使って電話してきます。いつもとっても元気に「次はいつプノンペンに帰ってくるんだ?」と聞いてきます(^^)

蛙屋のお姉さんはお客さんがこないときはハンモックに揺られながらのんびり過ごしています。ちなみにお昼のよい時間だったのですが、誰も訪れず。商売として成り立っているのかとても不思議。でもそんな心配もしていない様子でした。

カンボジアは色々な表情を持っています。この蛙餃子屋さんの想い出は安田の心に何故か深く残っています。いま、安田は仕事がとっても忙しいので、このようにのんびりした時間に飢えているのかもしれません(^^;

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!

 


今日の一枚・・・と言いますか、昨日の一枚

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。こちらの写真、昨日撮った写真です。私が着ているラインニングウェアは昨年12月に参加したカンボジアのアンコールワット国際ハーフマラソンの参加賞で頂いたものです。

これを着て、大阪の淀川河川敷を走るマラソンレースに参加してきました。朝8時50分スタート予定が55分に・・・そしてさらに5分遅れて結局スタートしたのは9時でした。そのときもアンコールワットのマラソン思い出しました。スタート地点までの渋滞がすごくてランナーが全然到着しておらずあの時は結局30分ぐらい遅れました。

で、気を取り直して出発。安田の目標タイムは5時間です。フルマラソンを完走したのは実は一回だけでそのときは5時間20分ぐらいでした。作戦はキロ7分で走り続けること。いつも飛ばしすぎて25キロから30キロの間ぐらいでヘトヘトになってしまうのでペースを抑えて走り、最後まで同じペースで行きたかったのです。

作戦はなかなか順調に進みました。30キロすぎてもまだ7分ペースです。でも35キロあたりからペースがどんどん落ちはじめ、キロ8分・・・キロ9分・・・キロ10分(ほぼ歩いているペースと同じ)といったぐあいにどんどんペースダウンして、結局記録は5時間13分。

目標タイムに届きませんでしたが完走できたので良かったのですが・・・まぁでも目標到達できなかったので残念でした。

またアンコールワットやプノンペンなどカンボジアで開かれるマラソンにも出たいなぁと思っています。目標はカンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、ミャンマーのメコン5か国すべてのマラソンを走ることなんです(^^)

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


今日の1枚

今日の1枚。前回の「安田号」から少し日が経ってしまいました。すみません。

この写真、撮影日は2015年11月3日9時15分。私がダルニー奨学金を始めて、その奨学生に初めて会いに行ったときの写真です。彼女の名前はHum Linnaちゃん。当時は中学の新1年生でした。村で一番の貧困家庭であることを示した証明書を見せてくれたのを覚えています。

2015年の旅の一番の目的はHum Linnaちゃんに会うことだったのですが、併せていくつかの学校や他の貧困に苦しむ家庭を訪問し、自転車の必要性を強く感じ、私の「コンサルタント魂」が燃えた旅でもありました。

日本では創業塾や経営相談窓口でビジネスコンセプトやマーケティングのことを説明することが多いのです。ボランティア活動ではありますが自分にとっての新規事業と捉えて色々な仕組み・ツールを準備して取り掛かり、たくさんの人たちの協力のもとに翌2016年、2017年と自転車プロジェクトが遂行できたのがうれしく思っています。

で、Hum Linnaちゃんの話に戻りますと彼女はいま中学3年生です。9月に卒業を迎えます。ダルニー奨学金は中学生を支援する仕組みなので今年で終わってしまいます。

去年の12月に会いにいったとき、当然ですが「勉強を続けたい」と話していました。中学校を卒業できたとしてもたくさん給料がもらえる職に就くことは難しく貧困から脱出するのが困難だからです。

カンボジア事務局のチャンディーさんに「この子が高校に行くための奨学金支援ができるか?それでいくらぐらい必要か?」といったことを尋ねました。

「寮に入ったとしたら・・・」という料金にかなりビビリました。でも「この子には自転車があるからがんばったら通えるだろう」ということでした。高校までは10キロ以上ありそうだとのことでしたが・・・

というわけで継続支援を彼女やチャンディーさんに約束しました。

あとは彼女が試験にパスしてくれることを祈るだけなのですが・・・12月になったら高校生になった彼女に会いたいものです。

で、高校では英語の授業があるそうなので、彼女とチャンディーさんに高校の学生さんたちに日本のことを英語で紹介する1コマ授業をさせてもらえないか頼みたいのです(^^)

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


1台の自転車、「安田号」

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。

今日から何回かに分けて昨年の自転車プロジェクトでカンボジアに行った際のエピソードを1枚の写真をもとにご紹介したいと思います。

今日の1枚はこれ。自転車プロジェクトのいつものプレートを取り付けた1台の自転車ですが、実はこれは主都プノンペンのオルセー・マーケット付近にある中古自転車屋さんから購入したものです。

自転車プロジェクトは地元のNGO団体に調達を頼んでいますので、これは安田個人のもの、そう「安田号」なのです。

トゥクトゥクドライバーで友達のジョンに中古自転車屋さんに連れて行ってもらい購入しました。購入した理由は、このあと140キロの自転車旅をするためです。

だからちょっと高かったんですけど変速機付きのタイプにしました。自転車カゴはオプション。試乗して、購入し、プレートを取り付けたところで記念撮影した写真です。

このあと、この安田号にのって2日間に分けて140キロを走破しました。そのときの様子は訪問記に記していますのでご興味がありましたらご一読ください!!

カンボジア訪問記2017(5)【少し本編ほとんど番外編 2017/12/04 地球の大きさを自転車で思いしろうツアー前半】

カンボジア訪問記2017(6)【番外編 2017/12/05 地球の大きさを自転車で思いしろうツアー後半】

到着後は自転車プロジェクトのオマケ1台として、1人の中学生にプレゼントさせていただきました。「他のみんなの自転車より高級だよ!!ラッキーやな~!!」という思いを込めて(^^)

今考えても、よく無事に到着できたと思っています(^^; でも今は、「またやってみたいなぁ」と思ってるんですよね・・・こりない奴です(^^;

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!店(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


寄付付きコーヒードリップバッグがリニューアルしました!!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。

皆さんにご愛顧頂いております寄付付きコーヒードリップバッグがリニューアルしました!!これまではカンボジアのモンドルキリ地方のコーヒー豆だけを使用していたのですが、あらたにパイリン地方のコーヒー豆をブレンドしました。

「モンドルキリやパイリンってどこ??」という方のために地図を作ってみました。地図の黄色いエリアがカンボジア。周りはタイ、ラオス、ベトナムです。タイ側の国境に面した位置にあるのがパイリン地区。ベトナムとの国境にあるのがモンドルキリ地区です。

タイとベトナムという大国に挟まれているため悲しい歴史を繰り返してきたカンボジア。パイリン地区にはまだ地雷もたくさん埋まっておりたくさんのNGO団体などが地雷駆除のために尽力しています。

両国境に面する地区のコーヒー豆をブレンドし、カンボジアに本当に幸せな時代がやってきて子どもたちがずっと笑っていられるようになってほしいという願いを込めています。

パイリン地区のアラビカ種とロブスタ種、モンドルキリ地区のアラビカ種とロブスタ種をブレンドしました!!

この寄付付きコーヒードリップバッグは「安田コンサルティングYahoo!店」で販売しております。是非お買い求めください。

販売価格のうち、原価(50%)を差し引いた利益全額が自転車の寄付のために使われます。

宜しくお願い致します。


カンボジア自転車プロジェクトの本を出版したい!!

皆さん、こんにちは!カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。

カンボジアの子ども達の支援を始めたのは平成27年9月。そこから2年半ほど色々なことがありました。その活動内容を通して自分も様々な気づきがあり成長させて頂きました。子ども達の笑顔をたくさん見て、自分の人生の充実感を得たり、またカンボジアでたくさんの友達ができたり、自転車で140キロ旅したり、アンコールワットのマラソン大会に参加したり・・・

そうした活動を通してカンボジアのことを知ってほしいし、自分の人生を自ら切り開くことの楽しさ・喜びを伝えたいと思って「本を書きたい」と願うようになりました。

これまでビジネス書は3冊執筆したことがあるのですが、それまでとは全く異なるテーマです。それを出版企画書にしたため、本日出版社に郵送いたしました。

どのような返事が来るのか(返事が得られるのかも不明ですが・・・)

またその様子もこちらで配信していきますね!!


安田コンサルティング Yahoo!ショッピング店でもお申込み頂けます(^^)//

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田コンサルティングの安田です。

通常は自転車プロジェクトのホームページからのお申込みで支払方法がお振込だけだったのですが、こちらのネットショップからですと様々な決済方法がご利用頂けるほかTポイントも加算されます!!

是非ご利用ください。Yahoo!ショッピングへのリンクはこちらです。

※ネットショップの購入フォームには必要事項を記入する欄がございません。ご購入いただきました後、メールにてお尋ねいたしますので予めご了承ください。


2018年度カンボジア自転車プロジェクト、スタートいたしました!!

2018年度のカンボジア自転車プロジェクト、スタートいたしました!!早速1名のお申込みがありびっくりしております。

申し遅れました。自転車プロジェクトを主催しております安田コンサルティングの安田です。本年度も宜しくお願い致します。

2016年、2017年と2回プロジェクトを行って参りまして、基本的には昨年と変わりませんが、今年は少しだけ内容を変更しました。

それはご協力いただける支援のメニューが増えたことです。

自転車プレゼントと自転車クラブ設立はこれまでと同様。今年は新たに既設の自転車クラブに消耗品・交換用部品を補給する支援メニューを1つ加えました。

こちらの方も併せて宜しくお願い致します!!

12月のゴール目指して自転車100台、自転車クラブ5カ所、既設クラブへの補給9か所を目指します!!

これからまたまたブログやFacebookで自転車の投稿が増えると思いますが、温かな気持ちで見守ってください。そしてもしよろしければ是非ご協力ください!!

注文フォームからのお申込み
銀行振込のみです。(請求書の発行が可能です)