オレンジリボン啓発のバスケットボールゲームにてカンボジア自転車プロジェクトのことをPRしていただきました!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

2月13日、14日の2日間にわたり、滋賀県草津市にて『﨑山組 presents オレンジリボンゲーム vs 琉球ゴールデンキングス』のバスケットボールゲームが行われました。

オレンジリボンというのは子ども虐待の防止を呼び掛ける運動です。オレンジリボン運動のホームページはこちらです。安田は不勉強でオレンジリボンのことを知りませんでした。でもホームページを見ているうちに色々と知りたくなりました。

安田はカンボジア自転車プロジェクトを立ち上げた頃にレンタル・チルドレンという言葉に出会いました。「赤ちゃんをさらい、手足を切断し、女性に貸し出し物乞いをさせる」というもの。また、日本でも流れてくる子どもたちの悲惨なニュース。

世界中から泣いてる子供がいなくなればいい。

そうした思いが、カンボジア自転車プロジェクトには込められています。

だから、このような機会をいただいて本当にうれしいです。そして、このうれしい機会をいただきましたのが冒頭のバスケットボールゲームのスポンサー企業になっておられる﨑山組さん。いつも、カンボジア自転車プロジェクトに協力いただいている企業さんです。

このバスケットボールゲームの会場ではオレンジリボンの啓発ブースが設けられることになっていました。(出展ブースの一覧がこちらで紹介されています。)﨑山組さんから「安田さんもカンボジア自転車プロジェクトをPRするために出展されませんか?」とお誘いを受けたのです。

でも・・・

「素敵なお誘いありがとうございます。普段なら飛んで行って自転車プロジェクトのことをPRさせていただくところなのですが、難しい事情がございます。
新型コロナウイルスの影響が始まった昨年2月から仕事以外で人が集まる場所に行くことを控えております(中略)本当に申し訳ありません。長々と書きましたが、どうかご容赦ください。」と、お断りさせていただいたんです。本当に本当に申し訳なく思っています。

そしたら・・・

「でしたら自転車プロジェクトのチラシかポスターを送っていただけましたら一画に貼らせていただきます。賛同される方にご案内します。」

と、言っていただきました。とってもうれしかったです!!

そこで、掲示用にタペストリーを作りました。そしてチラシも。

併せてお送りしました2,000枚のチラシはゲームを見に来られた方向けの配布物に入れていただき全部配っていただきました。

そして、カンボジア自転車プロジェクトの書籍も10冊も販売していただきました。

さらには、9,411円もの募金までしていただきました。

この募金はトップページのところに「﨑山組presents 「オレンジリボンゲーム」にて募金していただいた皆様」としてページ下部の「使い方お任せ! お申込みの状況」に掲載させていただきました。

﨑山組さん、今回は本当にありがとうございました。

そしてオレンジリボンのことを知る機会をくださって、こちらも本当に感謝しております。

オレンジリボンのホームページにサポートグッズが売っていました。ちょうど、使い捨てマスクを卒業しようと考えていたところなので、オレンジリボンがプリントされたマスクを洗い替えなども含めて10個購入しました(^.^) つけている安田を見かけたら声かけてくださいね(^.^)


カンボジア自転車プロジェクト本の情報を一か所に集めました(^.^)

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

またまた、新しいページが登場です。ご愛顧いただいております書籍「カンボジア自転車プロジェクト」の情報をまとめたページを作成しました。

カンボジア自転車プロジェクトBOOK

出版にいたるまでの秘話や雑誌等でご紹介いただいた記事、さらには本のPRのために行っているYoutubeチャンネルとTwitterのことなどもあって色々盛沢山!!

是非一度ご覧くださいませ。ページはこちらです。


自転車クラブの一覧のページができました!!そして1つ1つの自転車クラブの歴史が追える個別ページも!!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

ついに!自転車クラブの一覧のページができました!!そして1つ1つの自転車クラブの歴史が追える個別ページも!!

自転車クラブ一覧ページはこちらです。

これまで設立された23か所の自転車クラブの一覧を見ることができます。

そしてそして、その一覧から、1つ1つの自転車クラブのページにジャンプすることも可能です。

例えば、CHBA AMPOV中学校。こちらは安田自身が2017年に設立した自転車クラブ。場所(州や郡など)の情報や、毎年の写真など様々な情報を掲載しています。

「なんで一覧作ったの?」

そう。それは1つ、目的があるからです。2021年から新たに「自転車クラブサポーター」という仕組みを作りました。継続的なパーツ補給が命綱の自転車クラブ。その継続的なサポートをしていただける方を「自転車クラブサポーター」として各中学校のページに「私が応援しています!」という感じで掲載しようという試みです。

「サポーターになるといいことあるの?これまでのパーツ補給より支援金額が高くなってしまうんじゃないの?」

詳しくはそのサポーター募集のページに記載しました。支援金額はこれまでと同額です。そこに「継続性」を持たせようという目的ですが、もちろん単年でサポーターを終了していただいてもかまいません。

試行錯誤で始めた仕組みですが、どうかご理解のうえ、応援していただければと思います。

今後ともカンボジア自転車プロジェクトを宜しくお願いします!!

 


返礼品の発送が完了し、2020年PRJはすべて完了!!

おはようございます。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

一昨日の2月6日(木)、ご協力いただいたみなさんへの返礼品の発送がようやく完了いたしました。お待たせしてすみませんでした!!

こちら発送の準備の様子です。今回ご協力いただきました方々は総勢176名。活動内容のレポートに一言メッセージを書き添えて、写真、そして2021年度のプロジェクトの募集チラシも用意させていただきました。

そしてこれがカンボジア産のコーヒー100%のコーヒードリップバッグ。吉田珈琲本舗の吉田さんに豆を持ち込み作成してもらいました!!その数およそ1900個。「作りすぎやろ!安田が後で自分で飲むんやろ~!」とお思いの皆さん、そうではありません。2020年はこれまでで一番多くのご支援が集まりました。当然その返礼品の数も増えていきます(^.^)1つ1つにお礼メッセージのラベルシールを貼りました。

「いちおう計算では足りるはずだけど・・・いけるかなぁ・・・」

と、心配しながら梱包。

ご支援内容によって返礼品の内容物が異なります。写真奥の方には箱が。手前には封筒が。左側にはクロマ―も写っていますね。

順次発送していきましたので、作業中にも「届きました!」という声が届きました。「無事に届いてよかったなぁ・・・」と思っていたら、宛名記載ミスで荷物が戻ってきてしまったり(-_-;)

そんなこんなで一昨日、すべての箱詰め、発送が完了した次第です。

コーヒーは結局ぎりぎり足りて残り70個でした。足りて本当に良かった!!

ところで、なんだか安田が一人でがんばったような記載ですが、本当に多くの作業をうちの事務員さん(という肩書の私の奥さん)が手伝ってくれました。いつも手伝ってくれて本当にありがとう!!

その事務員さんと最後まで頭を悩ましたのがクロマ―。今回は現地で購入したものを送ってもらいました。例年のごとく何割かは縫製が悪い不良品が混ざっています。今回は不良率50%・・・(-_-;) 多めに送ってもらったので何とか足りたのか・・・足りていないのか・・・

家内「この端っこの部分の縫製いまいちなんよなぁ・・・でもこれ無かったら足り品しなぁぁ・・・」 とか

家内(2019年、2018年など過去のリストを持ち出してきて)「この人、去年はこの色のクロマ―送ったんよなぁ。今年は違う色がいいよねぇ・・・」 とか

一部の方には品質的に満足のいかないものを返礼品に加えさせていただきました。どうかご容赦くださいませ。

家内「毎年、クロマ―もらっている人、もうクロマ―だらけで正直いらんのちゃうの?クロマ―じゃないやつ考えた方がいいで」 とか

ごもっとも。ちょっとなんか考えるかなぁ。もう2021年は返礼品に「クロマ―」と書いて募集始めてしまってますので、2022年からになりそうですが・・・

と、こんな感じで発送作業は完了したのでした。

「まだ、届いてないで」

という方、あと2、3日お待ちください。宛名不明で戻ってこないことを願っています(^^;

そして2021年度。もうご協力者の募集が始まっております。すでに何名かの方からお申込みいただきました。

皆さん、是非2021年度のご協力、ご検討くださいませ。

お申込みページはこちらです。


カンボジア自転車プロジェクト2020の活動報告ページができました!!

カンボジア自転車プロジェクト こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。
皆さん、お待たせいたしました。
2020年の活動報告ページが完成いたしました!
力作ですので是非ご覧くださいませ!!

http://cam-bi.net/prj2020/

動画でも活動報告を掲載しております。
動画で閲覧されたい場合は、こちらをご覧ください!!


ダルニー奨学金、ミャンマーとラオスの奨学生の写真が届きました・・・でも、悲しい。

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

昨年末に民際センターさんから支援している奨学生の写真が届きました。上の写真はミャンマーのものです。ミャンマーは中学校が4年あるので5年目の今年は再び中学1年生の支援からスタートとなり、支援する奨学生がかわります。上の4枚の写真はこれまで支援していたニンちゃんの中1から中4までの写真。そして真ん中の男の子が今年から支援することになったアイ君。顔に塗っているのはミャンマーでは有名な「タナカ」。日焼け止めの効果があります。

そして、こちらがラオスのもの。新たに届いたのは右下の写真です。

「あれっ?」

去年届いた写真(左上)の子じゃない・・・

備考欄に「あなたの奨学生は働くために退学したため変更になりました」と書いてありました。

せっかく奨学金をもらえても退学しなければならない。理由はわかりません。でも、新型コロナウイルスの影響により親が職を失い子どもも働かなければならない家庭がものすごく増えているという話を聞きます。

退学しちゃったのはボーア君。7人兄弟の4番目。お兄さんたちと一緒にがんばって家族を支えてほしいと思います。そしてまた教育が受けられるチャンスが来ることを願っています。

新しい奨学生の名前はコン君。二人兄弟の長男坊のようです。コン君にもたくさん良いことが巡ってきますよう願っています。

こんな現状を見せつけられると自転車の必要性を強く思います。通学時間を短縮できれば勉強時間も増やせるし親の仕事を手伝ったり自分も収入を得る仕事ができます。これまで訪問してきた家庭でもカゴを編んで1個1ドルで買ってもらうって言ってた子供たちをたくさん見てきました。編めるカゴが増えれば収入も増える。

これからも一人でも多くの子供たちに自転車を贈れるようにがんばります。皆さん、どうかお力を貸してください。

今後ともよろしくお願いいたします。

LINE公式アカウント

先日、カンボジア自転車プロジェクトのLINE公式アカウントを設立いたしました。是非友達登録お願いいたします!!下記のボタンで登録可能です!!

友だち追加

 


FMいずみおおつさんにまたまた出演させていただきました(^.^)

 

みなさん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。2020年12月15日、FMいずみおおつさんの『まったりおづカフェ』に出演させていただきました。

 

『まったりおづカフェ』に 株式会社パールの代表取締役…

Fmいずみおおつさんの投稿 2020年12月20日日曜日

パーソナリティの和田さんから出演依頼のご連絡いただいたときはとってもうれしかったです。前回出演させていただいたのは2020年8月28日。そう、Readyforさんのクラウドファンディングが終了する3日前でした。(そんときのブログはこちらです。https://readyfor.jp/projects/cam-bi2020/announcements/142848 )だからご協力のお願いばっかりで、達成できたお礼をラジオの電波に乗せてお伝えしたかったからです。

前回はカンボジア自転車プロジェクトのことばかりでしたが、今回、パーソナリティの和田さんからは私のコンサルティング業の仕事のことにも触れていただきました。

安田式、夢をかなえる法則:できるだけたくさんの人にかなえたい夢を発信すること
これは講演や研修でよく言うこと。私自身もそれでたくさんの夢を実現してきました。
3つの「や」(やりたいか?やれるか?やるべきか?)
最初の「やりたいか」が表す熱意は、勢いが落ちてきたときに力になります。だから自分が一番夢に執着していないとだめ。モチベーションを高く保つ自分流の手段を見つける必要があります。安田は「小さな目標」と「小さな達成」を繰り返す方法です。「やれるか」で特に問題になるのは資金面。そこで安田は皆さんにご協力をいただきながらがんばるクラウドファンディングという方法を使っているわけです。そのご協力は単なる資金的な協力だけでなく「がんばれー!!」と安田に力をくれます。そして「やるべきか」。誰かがよろこび、誰も泣かないのであればやるべき。そう安田は考えています。
 
ラジオの中ではもちろんカンボジア自転車プロジェクトの本(https://www.shinhyoron.co.jp/978-4-7948-1159-2.html)のこともご紹介させていただきました。
 

FMいずみおおつの広報誌

そして、FMいずみおおつさんの広報誌に広告を掲載させていただきました。そして、カンボジア本のプレゼントも!!皆さん、是非ご覧くださいね!!

 

 


支援している奨学生とダルニー奨学金

おはようございます。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。朝からメロメロしております(^.^)

ポストを見たら民際センターさんから郵便が届いていました。
※民際センターさんはカンボジア自転車プロジェクトをずっと支援してくれている公益財団法人です。

郵便はダルニー奨学金の奨学生の写真でした。ダルニー奨学金が無ければ安田は民際センターさんと出会わなかったでしょうしカンボジアに行くことも無かったでしょう。チャンディさんに出会うこともなかったし自転車プロジェクトが立ち上がることもなかったはずです。だから安田にとって、とても大切な奨学金。

自転車プロジェクトを始める前年、「奨学金での支援を始めよう!」と思い立ち、インターネットで見つけたのがダルニー奨学金でした。

この制度は支援している奨学生の写真が毎年届くことです。自分が支援している子と1対1でつながることができ、奨学金で支援しているという実感がとても高いのです。この方法はカンボジア自転車プロジェクトでも個別写真を送る方法として多いに参考にさせていただきました。

そして届いたのがその写真というわけです。安田はタイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアで一人ずつ支援を行っています。カンボジアではもう一人、ダルニー奨学金の対象である中学生から無事高校に進学した子も一人支援を継続しています。その子ももう3年目。そう11月(カンボジアの学年期スタート)に高校3年生になったのです。冒頭の写真がその子。リンナちゃんです。

なんでメロメロしているのか・・・

この写真、毎年送られてくるリンナちゃんの写真を並べてみました。左上が中1。横に中2、中3。下の右下が高2。左下が今回届いたもの。(高1のときは事務局のEDF-Cambodiaに高校生支援が仕組みとして無く、特別に支援させてもらっていたので写真はありません。)

メロメロの理由。

「はじめて笑顔の写真が届いた!!」なのです。

それだけなのですが・・・この1枚の写真で安田は元気百倍になって、2021年もこのプロジェクトがんばろう!!!となったわけです(^.^) まだ2020年プロジェクト実施中ですが・・・気が早いですね。

そして、カンボジアで二人目の奨学生となったのがこの子です。

名前はニサちゃん。今年中学3年生になりました。先ほど事務局のチャンディさんにメッセージを送りました。

「この子は高校に行きたいのでしょうか。もし行きたいと思っていて奨学金が必要なのでしたら、リンナちゃんと同様に高校でも支援したいと思っています。」

チャンディさんからはすぐに「聞いてみるので待っていてください」と返事がきました。

ニサちゃんの写真も3枚になりました。まだ彼女には会ったことがありません。もし2020年渡航できれば会いに行こうと思っていたのですが・・・。高校に進学してくれれば、また会いに行けるチャンスもありそうです。

こちらが安田の事務所にあるダルニー掲示板。カンボジア以外の国の子たちにも会いに行きたいんだけどカンボジアだけでせいいっぱい。ごめんなさい!

ダルニー奨学金(https://www.minsai.org/LP/)に関しまして、ちょうど民際センターさんがカンボジアのことを書いていました。(記事はこちら

みなさん、初めてみませんか?

LINE公式アカウント

先日、カンボジア自転車プロジェクトのLINE公式アカウントを設立いたしました。是非友達登録お願いいたします!!下記のボタンで登録可能です!!

友だち追加

 


カンボジア自転車プロジェクト2020の状況報告

みなさん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。12月も中旬。本来であれば安田はカンボジアに渡航し自転車プロジェクトのセレモニー、自転車寄贈、自転車修理クラブの設立に勤しんでいるころなのですが・・・

今年は渡航がかなわず。

現在のプロジェクトの状況についてお伝えしたいと思います。

先月の11月26日にこちらか必要な物資をカンボジアのEDF-カンボジアに送付いたしました。※詳しくはこちら「自転車プレート等の支援アイテムを発送しました!!

そして12月2日。無事到着したとの知らせをEDF-カンボジアの事務局長チャンディさんからいただきました。でも、そのお知らせと同時にこのようなことも記載されていました。

「新型コロナウイルスが広がりつつある状態で、人を集めてセレモニー等を行うことができず、プロジェクトは延期しなければならない。」

とのこと。ちょうど同じころ、カンボジアの学校が再び閉鎖されたというニュースも見ていたので「やっぱりか・・・」という印象でした。

チャンディさんいわく、「各地区の担当者や学校と連絡を取り合って、できそうなところから随時進めていく」とのことでした。密になってコロナが広がることは安田も望みません。「セレモニーは不要だし、写真やメッセージビデオだけあれば大丈夫。新型コロナ対策をしっかり行ってください。」と伝えました。

皆さんへの返礼品(リターン)の送付は2021年2月までとなっていますので、2021年1月末までに必要なものが揃えばなんとか間に合わせます。しかしながら、1月末までに完了しなかった場合は、返礼品の送付が遅れる可能性もございます。そのときは改めて告知させていただきますのであらかじめご了承ください。

そんなところへ・・・

「間に合うかなぁ・・・」と心配しつつも安田の方ではどうしようもなく悶々としておりましたら、Facebookのメッセンジャーから写真が送られてきました。

これは!!しっかりソーシャルディスタンスとマスク対策をした子供たち。そして自転車!!

これはプレアヴィヘア州のSUNGKUM THMEI中学校で行われた自転車プレゼントの様子のようです。この中学校は昨年も訪問し自転車クラブが設立されています。(その時の様子はこちらです。「[訪問記2019-7]2019/12/12 プレアヴィヒア州でのセレモニーと自転車クラブの設立

そっか、チャンディさんたち、言ってくれたんだ。先生方の協力も感謝。現地の先生とFacebookでつながっていてよかった(^.^) きっとチャンディさんたちは「あれっ!まだ送ってないのに安田はなんで写真持ってるんだ?」と不思議がるでしょう(^.^)

 

また随時、状況はお伝えしてまいります。みなさん楽しみにしていてくださいね!!

LINE公式アカウント

先日、カンボジア自転車プロジェクトのLINE公式アカウントを設立いたしました。是非友達登録お願いいたします!!下記のボタンで登録可能です!!

友だち追加

 


地元の高校にてカンボジア自転車プロジェクトの話をしてきました(^.^)

みなさん、こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

先日ありましたうれしい出来事についてご報告します。それは地元の大阪府立岸和田高校にてカンボジアのお話をしてきたことなんです。

まずはそのような機会をいただくことになったきっかけから。

安田が所属して活動している中小企業家同友会。そのなかの先輩のお一人が、「岸和田高校でカンボジアの話を聞きたがっている学生さんがいる。安田君、協力してみない?」とおっしゃいます。なんでも、その先輩はKCP(岸和田シティプロモーション推進協議会:https://kishiwada-kcp.jp/ )でも活動されており、KCPが岸和田高校の課題研究に協力しているとのこと。協力依頼があった25個の研究テーマの1つがカンボジアに関することだったのです。即答で「是非!!」とお願いいたしました。

テーマは簡潔にいいますと、「学校建設などの国際支援においてカンボジアが特に多いのはなぜだろう?」というようなものでした。

はて・・・

考えたこともなかったな・・・

でも確かにカンボジア・・・多いよね。

このような機会をいただき、そして今まで考えてもいなかった疑問点をいただき、安田自身も立ち止まって考えることになりました。

以降は安田の意見(仮説)であって、他にも様々な意見や考えがあろうかと思いますが、どうかご理解のうえ、読み進めてください。

まずは地理的な問題から。単純に日本から近い途上国。「近い」というのは「なじみ深い」ということ。東南アジアの国々を思いつくままにあげてみると、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア、フィリピン・・・インドネシア、マレーシア、シンガポールも入るのかな??というのがだいたいの感覚だと思います。

そして途上国かどうか。上記のなかで途上国イメージが強いのはどこでしょうか?ASEAN諸国で一人あたりのGDPが低い順にランキングしてみますと・・・

ミャンマー(1,408ドル)
カンボジア(1,643ドル)
ラオス(2,535ドル)
ベトナム(2,715ドル)
フィリピン(3,485ドル)
インドネシア(4,136ドル)
タイ(7,808ドル)
マレーシア(11,415ドル)
シンガポール(65,233ドル)
日本(40,247ドル)
出典はこちら

な、わけです。ミャンマー、カンボジア、ラオス。メコン川流域5か国のうちタイ、ベトナムを除くこれら3か国のGDPが低い(イコール「途上国」といっていいのかどうかはわかりません)

では、それら3か国だったとしてもなぜカンボジア?

そこにはやはり歴史がからんでくるでしょう。冒頭の写真。スライドで写っているのは安田手書きの「カンボジアの歴史」。タイ、ベトナムの両大国に挟まれ、ベトナム戦争時代から東西冷戦にも巻き込まれ、極端な共産主義による大虐殺が起こり、そのあとの内戦でところかまわず地雷が埋められ、ろくに農業もできず飢餓が起こり、人身売買(子供、とくに女の子)が起こり、性産業、エイズ、HIVも問題となっています。こんなに悲惨で問題だらけの国は少なくとも日本から地理的に近いエリアで無いのではないでしょうか。だからカンボジアなんだと安田は思っています。もちろんアンコールワットなどの世界遺産による知名度の高さもあるでしょうけど。

というような準備をして当日を迎えました。

「あくまで安田の考えだから、それが正解かわからないけど・・・」という前提で90分ほど話してきました。もちろん、自転車プロジェクトのことも。

話の中ではカンボジアの教育制度などいろいろ質問してくれました。知っている限りのことを色々伝え、資料としてスライドデータをPDFで提供いたしました。いまどきの高校生は筆箱のなかにUSBメモリーが入ってるんですね・・・

なんでも年が明けたら研究成果を発表する機会があるのだとか。なんとか日程をやりくりして参加したいと思っています。

そういえば、話をしにいったあと、話を聞いてくれた生徒さんから感想のメールをいただきました。

「先日は貴重なお話をありがとうございました。
私たちの疑問を一つ一つ丁寧に説明してくださり、とても勉強になりました。
特に歴史の流れの部分や今の実情のお話は、自分たちで調べてもわからないことが多かったので、お会いできて本当に良かったです。
この経験を活かして課題研究をよりいっそう進めていきたいと思います。」

こちらこそ、カンボジアに興味を持ってくれて本当にありがとう!!って感じです(^.^)