Readyforのプロジェクトページ、間もなく編集完了!!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

7月に入りました。安田は7月中旬から開始するReadyforさんのプロジェクト用ページの編集を続けております。先日、扉画像が出来てきまして、はめこんでみました。「いよいよはじまる!!」と気分は急上昇。今年もがんばりたいと思います。

現在、編集作業は最終段階。数日中にReadyforさんに送信して契約等を進めていきたいと思っています。安田の心づもりでは募集期間は7月中旬から8月下旬までの約40日と考えています。

暑くて熱い夏。もう毎年の恒例となりましたが、体に気を付けながら、このプロジェクトに込めた思いを毎日毎日発信していきたいと思っています。

皆さん、応援是非宜しくお願いいたします!!


カンボジアの古銭が1枚

カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

先日、カンボジアの古銭を1枚入手しました。オークションサイトでとっても安く300円で出品されていましたので・・・人気ないんでしょうか。

安田には古銭収集の趣味は無いのですが、とある冊子との出会いがきっかけです。

こちら、カンボジアの古銭の歴史などを説明した小冊子。1975年に記されたもののようです。

カンボジアの歴史、そして硬貨の歴史など色々書かれています。

そして興味をいちばん魅かれたのが最後のページの古銭カタログ。面白いなぁ・・・と。色々な柄があって。

そして冒頭の写真はよく見ると13番のものに似ています。微妙に違うのですが・・・まぁ偽物が出回るほど高価なものでもないしあまり気にしていないのですが。

こちら「1ペ」という通貨単位のティカル硬貨と呼ばれています。

今度カンボジア行けたら古銭屋さん覗いてみたいなぁと思っています。

冒頭の写真の古銭。時間があったら磨いてみようと思っています。古銭としての価値がなくなるのは承知のうえで、どんな色、形なのか興味がありますので(*^-^*)

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


Readyforさんでのプロジェクト開始に向けて準備中です!!

カンボジア自転車プロジェクトの安田です。おはようございます。安田は今3日間の研修のお仕事で兵庫県福崎町にある中小企業大学校にきています。宿泊施設を兼ね備えた研修施設で朝から晩まで講師三昧です。そして・・・宿泊部屋に戻って進めているのがReadyforさんでの2022年プロジェクトの準備。

なんとか7月上旬でのスタートを目指して現在プロジェクトページを編集中です。

もちろん、昨年のページと同様の部分もあるのですが変更・追記する部分も多く少しずつしか進めることができません。6月は弊社の一番の繁忙期だったりしますので、仕事の合間に時間を見つけて取り組んでいます。

昨年は161人の方々から合計で3,124,000円ご協力いただきました。本当にありがとうございます。

目標設定を「昨年越え」に設定しているここ数年、「この金額を超えることができるのか・・・」と開始前からビビっています。でも2019年の目標金額を前年2018年と同じ120万円で設定したとき、「お前が挑戦しないでどうするねん。それで過酷な環境の子どもたちにがんばれって言えるんか?」と怒られちゃいました。とっても頼もしい言わば「もの言う協力者」さんです。

だから今年は少なくとも313万円・・・まわりからは「きりが悪いから320万。いや、おもしろいから333万」という声が聞こえてきそうで怖いです。313万も「さ(3)ぁ行(1)ってみ(3)よう!!」のごろ合わせでいいじゃないかと今から言い訳考えています。

去年は募集期間中、「毎日走って違う神社・お寺さんをお参りする」という願掛けをしていました。今年は何をしようかと思案中です・・・募集が始まればSNSなどでうるさく騒がしくワーワー言い出すと思いますので、どうか温かく見守ってください。

開始しましたらこちらでも案内いたします。どうか皆さん、ご協力よろしくお願いいたします。


【気になる1枚】修理マニュアルを熟読する男子2名!!

こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。不定期ですが恒例となってきました「気になる1枚」シリーズです。

今日の1枚はこちら。彼らが食い入るように眺めているのはカンボジア自転車プロジェクト特製の修理マニュアルです。クメール語、英語、日本語の3か国語で書かれた自慢の冊子。自転車の寄贈や自転車クラブの設立時に配布しています。

こちらの写真はシェムリアップ州のSOR SOR SDOM中学校で撮影されたものです。2020年に自転車クラブが設立されました。

「この二人のことわかるかなぁ・・・」と思い立ち少し調べてみました。

2020年プロジェクトの資料を見返していますと、この中学校の生徒にプレゼントされた自転車は15台。自転車番号でいいますと136番から150番です。

プロジェクト報告ページを探していますと・・・見つけました!!

着目したのは顔はもちろん、ベルトやサンダルの色。そうした写真で調べてみるの、なんだかパズルみたいで面白いです(*^-^*)

さて、彼らの自転車は番号が142と147でした。チャンディさんからもらった「自転車をもらった生徒さんのリスト」を確認してみますと・・・1枚目写真の右側の彼はPUL BUCH君。当時中学1年生。今は2年生ですね。左側の彼はYA YUTH君。同じく当時中学1年生でした。

SOR SOR SDOM中学校には2021年にパーツの補給も行われました。みんな自転車を修理しながら学校に通い続けてくれると願っています!!

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。

 

 


カンボジア自転車プロジェクト2022。ありがとうメッセージビデオ第2弾!!

こんにちは!カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

カンボジア自転車プロジェクト2022。5月16日までにご協力のお申込みをいただきました皆様へのありがとうメッセージビデオを作成しました!(^▽^)/

動画の最後にはペンペンチャンネルンもございます。是非ご覧ください!!

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


これまでのご協力者に今年度のご支援をお願いするDMを発送いたしました

皆さん、こんにちは!!カンボジア自転車プロジェクトの安田です。ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。私は前半の3連休を使ってキャンプにいってきました。あいにくの初日、最終日が雨。設営・撤収とも雨というのは初めて。でも2日目はよく晴れました。天気に恵まれなかったという点で思い出に残るキャンプとなりました。

さて、本日はDMのお話です。2016年から始まりましたカンボジア自転車プロジェクト。支援者の数はこれまでで307名いらっしゃいます。その方々に2022年度のプロジェクトへの再度のご協力をお願いするためにDMを郵送させていただきました。毎年4月か5月に行うこのDM発送作業は安田にとってとっても大切な仕事の1つとなっています。

お願いの文書にお名前と一言メッセージを手書きで添えて、プロジェクトのチラシとともに封入。用意した宛名ラベルと切手を貼って発送です。他の仕事の合間に少しずつ進めていき1か月ほどですべて発送を終えることができました。

このタイミングでご支援を頂ける方も多く、「今年も協力するよ!」のお言葉を添えていただきますと「今年もがんばらねば!」と元気が出てくるのでした。

毎年、数名の方のDMが宛名不明で返送されてきます。引っ越しされたのかなぁと思いつつ、そうしたところからも月日の流れを感じる今日このごろです。

明日か明後日には「ありがとうメッセージビデオ第2弾」を収録したいと思っています。いつも登場するペンペンもいまはGWの真っただ中。きっと協力してくれるに違いありません!皆さんにご覧いただけるのはその数日後となります。どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


コーヒーを焙煎ながら・・・

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。今日は朝から自分用のコーヒー豆を焙煎していました。

焙煎用のコーヒーの生豆は妙なこだわりがあって、東南アジア産豆だけを混ぜて使っています。カンボジア産のものを自分で輸入したものも混ざっています。ベトナム産、インドネシア産、ラオス産などなど。

混ぜてると思うのは豆の大きさが全然違う。産地の気候、高度、土など様々な環境によって豆の生育状態も変わるのでしょう。ロブスタやアラビカなどの品種が異なればもちろんですが、同じであっても様々です。

今日はそんな大小さまざまな豆を見ながら

「違ってていいじゃないか。違っているのだからいいのかも。」

なんてことを考えていました。大きさの違う豆を混ぜて焙煎するものだから、同じ焙煎時間でも小さな豆は深入り、大きな豆は浅かったりします。それもまた合わさって複雑な味わいになるのでしょう。

違っててもいい。

でも生産者側は少しでも高く売るために買い手側の要望に応えるのに一生懸命。それは品質しかり価格しかり。

「良いものをより安く」

これは買い手側の要望ですが、「安く」は農園側の労働環境を悪化させ子どもの就労にもつながっていきます。カンボジアの農村エリアでは貧しい家庭が多く、「親の農業を子どもが手伝う」ということはよく見られます。「それでも収穫物は安くしか売れないので食べていけない」という言葉もよく訪れた貧困の家庭の親が語ります。

そうした状況を防ぐためにフェアトレードなどの仕組みがありますが、そういえば安田は生豆を買う際に「フェアトレードかどうか」なんて考えていませんでした。

焙煎済みコーヒー豆ではフェアトレードマークがついた商品をよく見かけますが生豆はどうなんでしょうか?気になって調べてみましたら数多く販売されておりました。単に安田の意識が足りてなかっただけでした。

これからはフェアトレード生豆を買うようにします。カンボジア豆の輸入の際にはコーヒー農園直営のカフェから仕入れていますし買いたたきも全くしてないので「フェアトレードっぽい」ということでご安心くださいませ(*^-^*)

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


カンボジア自転車プロジェクト2022。ありがとうメッセージビデオ第1弾!!

こんにちは!カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

本格スタートしましたカンボジア自転車プロジェクト2022。4月10日までにご協力のお申込みをいただきました皆様へのありがとうメッセージビデオを作成しました!(^▽^)/

動画の最後にはペンペンチャンネルンもございます。是非ご覧ください!!

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。

 


気になる1枚【自転車修理女子!】

おはようございます。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

今日の気になる1枚はこちら。「気になる」というよりは「大好き」な1枚。この1枚は大好きすぎて書籍『カンボジア自転車プロジェクト~オッサンが国際支援をはじめた!~』の裏表紙にも使われております(*^-^*)

こちらの写真が撮影されたのは2017年12月6日。カンボジア自転車プロジェクト2年目のときです。訪れたのはカンポット州のチュエクチョー郡にあるCHBA AMPOV中学校。2017年に自転車修理用のクラブが設立されました。

使っているけどボロボロで色々修理したいところがある自転車を、みんなで一緒に修理しました。自転車はどこで故障するかわかりません。だから女子であってもパンク修理ぐらいはできるようにならないといけません。それでもこうした自転車修理クラブがあれば誰かが手伝ってくれます。修理された自転車はさらに長く使うことができます。

こちらのCHBA AMPOV中学校。設立されてから毎年毎年パーツの補給も行われています。

訪問してから4年と少し。写真に写ってる子どもたち元気にしてることを願っています。

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


気になる1枚【となりの彼女】

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

今日の「気になる1枚」・・・

「前の写真と同じやないか!?」と怒られそうですけど、この写真、気になるポイントが2つ(といいますか2人)ありますのでお許しください。

※前回の記事「気になる1枚【素敵な笑顔に寄せられて】 」では一番右のデビット君のことを書きました。

こちらの写真。2021年のプロジェクトで撮影されたものの1つです。場所はコンポンチュナン州コンポンレン郡のDA中学校。自転車クラブを設立し修理の方法を勉強しているシーンです。

今日はデビット君の左側に写る彼女のことを書きたいと思います。なんで気になるかというとやっぱり笑顔。実はこの写真以外にも素敵な笑顔を遠くから寄せてくれた写真があるんです。

こちらです。校内の広場、仏像の近くで緑色の自転車にまたがる彼女。カメラマンの方を向いて笑ってくれています。いつも笑顔が素敵な彼女なのでした。

デビット君のときと同じくちょっと調べてみました。

DA中学校があるコンポンレン郡では50台の自転車がプレゼントされました。そのナンバーはNo.275-No.324。そのうちDA中学校の生徒さんは最後の10台だからナンバーは315~324の間・・・

2021年のプロジェクトの様子をご紹介したページを見るとその一覧があるはず・・・

ありました!315番!!

彼女の名前はKEO CHARIYAちゃん。この年中学1年になった女の子です。

愛嬌ある笑顔で中学校生活を楽しんでほしいなぁと思う今日この頃です。

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。