カンボジア自転車プロジェクト2023 5日目 2023/12/14

皆さん、こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

今日はカンボジアに来て5日目。12月14日の様子をお伝えいたします。昨日から始まった3泊4日のカンボジアの北東部と北西部をまわるキャラバン隊ツアー中です。

まずはスケジュール配信!!

集合は朝7時。なので5時30分に起床。起きてさっそくこの日のスケジュールを説明するYoutube生配信しました。

コンポントム州の美しい夜明け。静寂の中、鳥の鳴き声がときどき。本当は朝ランしたかったのですが、やることが多いので断念。

今日の活動エリアはコンポントム州です。

昨晩から滞在しているコンポントム州。地図で見てもなかなかの大きさです。午前中は自転車寄贈セレモニー。そして2件の家庭訪問。午後は3か所の自転車修理クラブにパーツ補給をします。その後、明日の活動地であるシェムリアップに移動です。

それでは詳細をご報告いたします・・・の前に朝ごはんのご紹介。いつもと同じ豚肉麺。いつもポークヌードルとか英語で言ってEDFのメンバーに注文してもらっています。今日の夕食のときにスタッフのヴィリャックさんにクメール語を習いました。豚はサイ・チュルック。米麺はクイデウ。だからメニューの名前はクイデウサイチュルック。「私〇〇食べたい」はクニョムチョングニャム。だから「クニョムチョングニャムクイデウサイチュルック」で注文できるのだとか。明日試してみます。

コンポントム州ブラサットサンボー郡での活動

まずは自転車セレモニー

学校に到着すると生徒さんたちが両脇に並んでお出迎えの準備バッチリ。待たせてはいけないと挨拶も早々に学校の中に入っていきました。すっごい楽しかったです。動画に納めてきましたので是非ご覧ください!!!

そしてセレモニー会場に到着。こちらでは45台の自転車がプレゼントされます。

こちら、開始を待つ先生たちとチャンディさんと安田。

セレモニーの様子はYoutubeライブで生配信していましたのでこちらでご覧いただけます。

セレモニーの構成はほぼ同じ。途中に安田のスピーチがあります。

話す内容もチャンディさんへ通訳してもらうタイミングも慣れてきたのかスムーズ。ちなみにこちらが頂いた今日の進行表です。

何が何やらわかりませんが安田の名前だけはご確認いただけます・・・

セレモニーの最後は記念撮影で締めくくりました。

では自転車をもらった子どもたちの笑顔をどうぞ。

そして、個別写真の撮影です。きちんと45人分。チェックしながら撮影完了です。

そして家庭訪問2件

セレモニーが終わったあと、この地域の子どもたちの家庭訪問です。

マウ・マッカラー君

お一人目はマウ・マッカラー君。13歳で中学2年生になりました。学校までの距離はなんと13キロ。これまではお母さんに送ってもらっていました。という、お母さんも知り合いにガソリン代を払って送るのをお願いしているようです。

マッカラー君には5歳の弟がいます。得意科目はクメール語(国語)。将来は軍隊に入りたいとのこと。「なんで?」って聞いたら「好きだから」という回答でした。

両親は農業をされています。お父さんが42歳。お母さんが32歳。農業と言っても土地を借りての小作農。自分が食べる分は確保できたとして現金収入を得るために余った分を売っています。でもマッカラー君を学校に通わせるためには全然足りないそうで、近くの親戚からお金を借りているとのこと。返済はお米。また近くに小さなキャッサバ畑があって6カ月育てたキャッサバが先日100ドルで売れたとのこと。6カ月で100ドルです。お父さんは小学5年生で中退。お母さんは小学6年生で中退。なんとかマッカラー君を学校に通わせようと奮闘中です。

ティン・ソクチャットちゃん

彼女は中学3年生になったばかり。

「ん?中3?うちの娘と同じやな・・・」

で、少しばかりうちの娘がサイズアウトした服を持参したのでプレゼントしました。サイズはぴったり。「うちの娘はサイズアウト・・・同じ年の彼女にピッタリ・・・」うちの娘をしっている方々、彼女が傷つくのでオフレコで・・・

そんな彼女は成績が40人中13位なのだとか。クメール語と地理が得意なんだとか。

彼女には2人の弟がいます。ご両親は父が建設作業員。母が農業だそうです。

将来の夢は会社で事務職につくこと。ちなみに事務職につきたいという夢を聴いたのは初めてでした。よくよく尋ねてみると販売とかに力を入れるマーケティングスタッフになりたいんだそう。将来をしっかり見据えているようです。

午後は同じコンポントム州で自転車クラブへのパーツ補給を3か所!!

午後は同じコンポントム州にある自転車修理クラブのうち、3か所にパーツの補給を行います。その前にいつもの昼ご飯のご紹介。お昼はこれまでと同じでおかずを数種注文してシェアです。

まずは鶏肉の素揚げ?炒め物?基本的に鶏肉は骨のままぶつ切りです。食べにくいのですけど、これもまたおいしいです。

次がチンゲンサイらしいものの炒め物。

そして魚とパイナップルのスープ。昨日と同じですが、これがコンポントム州の名物なんだとか。少し味付けも違っててこちらもおいしかったです。

ローカルなレストランはオープンテラスな感じなので・・・

こんな感じで野良犬さんが骨をもらいにやってきます。ボリボリと気持ちのいい音を立てながら鶏や魚の骨を食べていました。

午後は自転車クラブへのパーツ補給が3か所

午後はコンポントム州にある3つの自転車クラブへパーツ補給です。

でもその前に・・・素敵な体験をしてきました。実は道中の山深い道路のなかに「サンボールクレイクック遺跡」があります。午前中のセレモニーが開かれる学校に行く道中にあったのですが、スケジュールの関係で帰りに少し寄ってもらうことにしました。

地図で確認するとその遺跡の一番はずれにあるPrasat Daeum Chanというヒンズー教の遺跡でした。外国人はこれらの遺跡群の共通入場料を払わなければいけませんが、ビリャックさん同行(カンボジアの人は無料)のもと少し見せてもらいました。(ズルですけどね・・・)

この中、どうなってるか気になりませんか。入るところから動画で撮ってきましたので是非ごらんください。

遺跡群の1つだけですが、このサンボールクレイクック遺跡はどうしても見たかったカンボジアの遺跡の1つ。アンコールワット遺跡群もいいけれど、カンボジアには素敵な遺跡がたくさんあります。

そして、このおばさま方との写真はといいますと、見学のあと豆類を炒ったおみやげを売りにこられた方々。ズルして無料で入ったので、少しうしろめたさもあって、どんなものなのか見てみることにしました。試食もさせてもらうととってもおいしい!!これはお土産にちょうどいいと思い購入することにしました。小さな豆と大きな豆と2種類あって、5.5ドルだったのを、両方買うからと5ドルにまけてもらって購入。日本に帰って家内や娘と食べるのが楽しみです。

そしてパーツ補給3か所

遺跡見学を終えてパーツ補給活動へ。まずは2か所の写真をご覧ください。

残り1件というところで・・・「セレモニーもいいけど、子どもたちの様子や笑顔が見れる動画も見たい」といったリクエストがLINEで届きました。それもそうやなぁ・・・一応セレモニーはスマホでのライブ配信以外にビデオカメラで撮影していて、こちらは帰国後に整理して掲載する予定だったんです。でも、それはセレモニーを別角度で撮影しただけでリクエストとは異なる・・・

「じゃあ、次に行く最後のパーツ補給を生中継しよう!」と思い立ちました。

電波状態もいいようなので即実行。それがこちらです。

あとで確認すると手振れがひどい。Youtuberの皆さんが使っているようなジンバル欲しいなぁと思った次第です。

そしてシェムリアップへ

3件のパーツ補給が終わり、今日の行程は終わり。明日からの活動地、シェムリアップに移動です。国道6号線をずっと進むのですが、去年、この道約100キロを1泊2日で自転車旅したのを思い出していました。その時のブログは以下の2つをご覧ください。

訪問記6日目(2022/12/16)プレアヴィヘア州にて自転車寄贈式と自転車修理クラブの設立!!そして番外編へ・・・

訪問記7日目(2022/12/17)番外編 シェムリアップへ自転車100キロ旅

今回は車だからあっというまでした。でもカンボジアのすばらしさ、地球の大きさを感じるには自転車がいい!と再確認しながら、でも車はらくちんなのでウトウトしていました。

そうこうしているうちにシェムリアップに到着。ここから同行者2名が合流。この時点でまだ掲載の可否を聴いていないのでまだ詳細は伏せておきます。

安田はホテルにチェックインしてシャワー。そして洗濯。

シェムリアップの夕陽。そして洗濯もの。トラベラーの味方洗濯ロープ。これで明日も同じシャツでいけそうです。今回はGパンも洗ったので無理だったら先日ナイトマーケットで入手したものをはきます。というのもここのホテルは二泊三日。今日乾かなくても大丈夫なんです!!

そして夕ご飯の集合時間となり、メンバーで晩ご飯を食べに行きました。

キノコの炒め物

スペアリブ。

野菜のスープ。

スペアリブの照り焼きのほう

そして春巻きです。

これから・・・

合流2人組と話す予定なのですが、その内容は書いていいのかわからないのでひとまずこちらで今日の報告井譲渡しておきます。

最後までご覧いただきありがとうございます

以上が5日目の活動記録です。明日はシェムリアップ州で活動です。この州はアンコールワットがある州なのですが活動とは無縁。見に行きたい気持ちをぐっとこらえてがんばります!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 


カンボジア自転車プロジェクト2023 5日目 2023/12/14” への1件のコメント

  1. ピンバック: カンボジア自転車プロジェクト2023 6日目 2023/12/15 | 【カンボジア自転車プロジェクト】カンボジアに100台の自転車と自転車クラブ、スペアパーツを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です