訪問記4日目(2022/12/14) 番外編その3 フェリーにのってみた!!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。今日は訪問4日目になります。自転車プロジェクトの活動は明日から。だから番外編パート3として今日のことお伝えいたします。

朝ラン~

朝、またランニングがてらウロウロすることにしました。ランニングコースの定番。メコン川沿いの遊歩道。前回は北上しましたが今回は南下してみたいと思います。

川沿いを走っていますと、なんだか渡し舟みたいなものを発見。車、バイクなどみんな乗っています。楽しそうだなぁ~乗ってみたいなぁ~・・・でもなぁ・・・なんて思ってました。

フェリーにチャレンジ!!

さらに走ると船着き場が。朝の通勤時間ってこともあって満載。

通勤利用=高くないはず

という、安田の勝手な思い込みと「そうそう今日って何にも予定なかったから多少アクシデントがあっても何とかなるか」と思い・・・チャレンジすることに。
※ちなみに安田はこういうときそうとうヘタレです。

こちら、どうも料金所のようです。みんなお金渡しています。なんか、右と左で書いてあることが違うので行き先が違うのかな・・と思うも全く行き先がわかりません。左の方は受付のお姉さんが二人。右側は強面のオッサンが一人。普通に考えたら左なんですけど、利用客は右側がめちゃめちゃ多い。

混んでる方=普段使い

という安田の思い込みパート2で右側を使ってみることにしました。

安田「たらいぽんまーん(いくらですか?)」

強面スタッフ「ぷらむろーい(500)」

おっ!通じたし、返事もわかった!!500リエルは20円足らず。

「この料金でまさかメコン川を下り海に出て太平洋を横断するようなことは無いはず。絶対お手頃距離に違いない・・・」

と覚悟を決めてゴー!!そしてドキドキの乗船。

この下の文字。行先書いてあるのか船の名前なのかフェリー会社の名前なのか・・・普通のクメール文字と違ってムール体の文字はまだよくわかりません・・・

そして、出発。向こう岸の少しにぎわいのある方向に向かっているようです。

この写真、皆さんお気づきでしょうか?川の色が途中で茶色から緑に変わっています。

さらに近づくと明確です。そう、ここはメコン川とトンレサップ川が合流するところ。その2つの川の水がまだ完全には混ざり合わず色の違いがわかるのです。なんだか、

「トンレサップからメコンへ。おいらも遠くに来たもんだ・・・」

なんて思ったりしていました。なんて思ってたらもうすぐ到着のようです。

無事到着しました。地図で見るとここです。

英語の綴りが定かではありませんが、上のGoogleマップでは Areiksart Ferryとあります。ちなみにこの港があるのはAkreiy Ksatr村。プノンペン特別市を取り囲むようにしてあるカンダール州のLvea Aem郡に位置します。

川を隔てた向こうには急速に開発が進むプノンペンのビル群が見えます。

降りてから散策がてらランニング再開。走ってみてわかったのはにぎわっているのはフェリー乗り場周辺だけで1キロも走ればお店が一つもありませんでした。途中で「トイレいきたいなぁ・・・」と思いまして、この周辺のお店で朝ごはんを食べることにしました。

そして、生配信の練習も(*^-^*) 牛スープのフォーをいただきました。

そして、そのとき「フェリー乗船の様子も生配信できないかなぁ・・・」と思いつきましてやってみることに。川の方は電波の強さが心配ですが・・・

で、チャレンジしたのですが結局電波の影響か30秒ほどで途切れてしまいました。残念。

プノンペン側に戻りましてランニング再開。ウロウロ走りながら全部で9キロほどのランとなりました。走ったコースをReliveという動画作成サービスで再現してみました。

お洗濯!!

そして走ったあとはシャワーと定番お洗濯。明日ホテルをチェックアウトして自転車プロジェクトの旅に出ますので何よりも洗濯ものを残さないことが先決。今日も天気がいいのであっというまに乾くでしょう!!             

洗濯しながら思ったのは「フェリーで夕陽ってきれいだろうなぁ・・・」ということ。調べてみたら今日の日の入り時間は午後5時38分。夕方再チャレンジしてみるか・・・と思った次第です(*^-^*)

お昼ご飯にインドネシア料理

お昼ご飯はホテル近くで済ませようと、昨日もいった焼うどん屋さんに行こうとしたのですが、その手前にインドネシア料理屋さんがあるのを発見。入ってみることにしました。メニューは幸いにも英語表記があってご飯ものは定番「ナシゴレン」があったので注文してみました。

日本でもファミリーレストランとかで何度か食べたことがあるナシゴレン。こちらのお店では14000リエル。3.5ドルです。カンボジアのローカルなお昼ご飯としては高めですけど、おいしかったです(*^-^*)

クルーズ夕陽編

というわけで夕方フェリーに再チャレンジすることにしました。夕方で日射しもやわらいでとっても涼しいです。日の入り前にまずは対岸に渡ってしまいます。

そして、こちらが対岸からプノンペン側を見た風景。日が沈みプノンペンのビル群の影がとても神秘的です。

「動画はないんかい??」

という声もございましょう。そう、往路も復路も動画撮っているのですが、復路だけYoutubeに掲載しました。「夕陽編」は安田ほとんどしゃべっていません。とってもきれいな夕陽に見とれてしゃべるのを忘れていました。こちらをどうぞ。

ジョンと晩御飯

夕陽クルーズから帰ってきたらホテル前にジョンがいたので「ご飯食べにいこう!」と誘いました。そしたら一昨日カラオケで一緒に騒いだサーさんもいたので合流。

定番のBBQ屋さんです。この写真の左上に黄色い服を着た人が写っていますね。

こちら、バドガール(懐かしい!!)ならぬシンハービールガールです。キャンペーン中らしく、客席を回ってシンハービールを進め、何杯か飲むと福引があってTシャツなどがあたる仕組み。私たちは興味がないので安いアンコールビールしか飲みません(^^;

そのアンコールビールは来年の干支をあしらった期間限定デザインになっていました。カンボジアにも干支があって、日本と違うのは羊が「やぎ」、猪が「ぶた」となっている2つだけです。

ナイトクルーズ!!

夕陽クルーズをしたあと、「やっぱり夜景はきれいだよね」と思った次第で、夜景クルーズもすることにしました。ジョンにフェリー乗り場まで連れて行ってもらいました。

途中、クリスマスのイルミネーションがとってもきれい!

さて、今日3往復目のフェリー。もう手慣れたもので500リエル握りしめて乗船です。

対岸につくと夕方はにぎわっていた界隈もかなり静かになっていました。ぶらついてもおもしろくなさそうなのですぐに折り返しです。

 こちらが対岸から見たプノンペンの景色です。

もちろん動画に収めています。こちらをご覧ください。

番外編もしばしお別れ

さて、カンボジアに到着してから4日間。プロジェクトに関係することといえば3日目の昨日、EDFカンボジアで打合せをしたことと返礼品の買い出しにいったことぐらいでした。でも明日から本番。朝6時には最初の支援地、コンポントム州に向けて出発です。今からとっても楽しみ。皆さんも是非楽しみにしておいてくださいね。こまめな更新はできないと思いますができるかぎり情報発信がんばります!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。