コーヒーを焙煎ながら・・・

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。今日は朝から自分用のコーヒー豆を焙煎していました。

焙煎用のコーヒーの生豆は妙なこだわりがあって、東南アジア産豆だけを混ぜて使っています。カンボジア産のものを自分で輸入したものも混ざっています。ベトナム産、インドネシア産、ラオス産などなど。

混ぜてると思うのは豆の大きさが全然違う。産地の気候、高度、土など様々な環境によって豆の生育状態も変わるのでしょう。ロブスタやアラビカなどの品種が異なればもちろんですが、同じであっても様々です。

今日はそんな大小さまざまな豆を見ながら

「違ってていいじゃないか。違っているのだからいいのかも。」

なんてことを考えていました。大きさの違う豆を混ぜて焙煎するものだから、同じ焙煎時間でも小さな豆は深入り、大きな豆は浅かったりします。それもまた合わさって複雑な味わいになるのでしょう。

違っててもいい。

でも生産者側は少しでも高く売るために買い手側の要望に応えるのに一生懸命。それは品質しかり価格しかり。

「良いものをより安く」

これは買い手側の要望ですが、「安く」は農園側の労働環境を悪化させ子どもの就労にもつながっていきます。カンボジアの農村エリアでは貧しい家庭が多く、「親の農業を子どもが手伝う」ということはよく見られます。「それでも収穫物は安くしか売れないので食べていけない」という言葉もよく訪れた貧困の家庭の親が語ります。

そうした状況を防ぐためにフェアトレードなどの仕組みがありますが、そういえば安田は生豆を買う際に「フェアトレードかどうか」なんて考えていませんでした。

焙煎済みコーヒー豆ではフェアトレードマークがついた商品をよく見かけますが生豆はどうなんでしょうか?気になって調べてみましたら数多く販売されておりました。単に安田の意識が足りてなかっただけでした。

これからはフェアトレード生豆を買うようにします。カンボジア豆の輸入の際にはコーヒー農園直営のカフェから仕入れていますし買いたたきも全くしてないので「フェアトレードっぽい」ということでご安心くださいませ(*^-^*)

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です