ちょびっと古着プレゼント!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

さっそくですが、冒頭の写真。2018年にカンボジアを訪問したとき、少しばかり娘と娘の友達の古着を持っていってプレゼントしたときのものです。

左側5人の女の子。皆が姉妹というわけではなく両親がいなくなった親戚の子たちも含めて一緒に住んでいるようです。子ども達だけでです。右端の14歳のムーンちゃんがお母さん代わりとなって、後ろの家といいますか小屋にこの6人だけで暮らしています。

詳しく話を聞いてみると、お父さんは出稼ぎで月に50ドルほど収入があるそう。ムーンちゃんには2歳上の16歳のお姉ちゃんがいて、こちらも出稼ぎしているのだそう。2人の収入がこのファミリーの主な収入源です。

ただ、それだけでは足りないので網かごを作って売っているのだそうです。1個3.5ドルで売れるそうなのですが、材料の調達が大変で休日に15キロ離れたところまで取りに行くそうです。

こちらが訪問したときの様子。右はチャンディさん。左はムーンちゃんの学校の先生です。まんなかの一番小さい女の子。上半身裸でした。着るものが本当に無いって感じで。古着をプレゼントする相手先は学校の先生に選んでもらったのですが、本当に必要としてくれているご家庭を選んでもらって良かったです。

1人ずつ色々な服を手渡しました。左側2人のお姉ちゃんもさっそく来てくれました。一番小さな子が来ているレモン柄の服。うちの娘のお気に入りでした。サイズアウトして着れなくなった服。捨てるのももったいないということで、持参したわけです。

この写真、娘や娘の友達にも見てもらいました。まだ外国に行ったことがない2人です。海を渡れば日本と全然違う世界があるということを少しでも感じてもらえればと願っています。

自転車プロジェクト関連の荷物も含めて計30キロに収めなければ飛行機で追加料金が取られてしまうので、せいぜい2~3キロぐらいしか持っていけないのですが、今後も続けていきたいと思っています。

自転車プロジェクトでは皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。また安田コンサルティングYahoo!(クレジットカード利用可)からでもお申込みいただけます。

宜しくお願いします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です