自転車プロジェクトのオリジナルコーヒーができました!!

安田コンサルティングの安田です。およそ2カ月前から準備を進めておりましたオリジナルのコーヒードリップバッグのことを紹介します。

カンボジア産コーヒー豆を100%使ったコーヒードリップバッグのことをお話しいたします。こちらの写真がそのコーヒードリップバッグです。

現在、Yahoo!ショッピングさんにて販売しております。商品販売ページはこちらです(^^)

商品に込めた想い

カンボジア産のコーヒー豆を100%使用しましたコーヒードリップバッグです。こちらのドリップバッグは1パック108円で、「少し高いのでは!?」とお感じだと思います。その理由は寄付金付きだからです。

私は2年前に貧困家庭の就学支援をするためカンボジアを訪問しました。子どもたちの状況をこの目で見て、奨学金も大事だけれども、学校に通い続けるためにはまず、その交通手段となる自転車が必要不可欠だということに気が付きました。

1台でも多くの自転車を子ども達に贈りたいと思い、自身でプロジェクトを立ち上げ、協力者を募っています。ホームページを作成したり、クラウドファンディングを始めたり。そして、もう1つがこのコーヒードリップバッグの販売です。

個人でカンボジアからコーヒー豆を輸入し、友人でドリップバッグを製造販売している方に協力してもらいました。輸入送料やドリップバッグ製造、もちろんコーヒー豆代などで1パックあたりの原価が50円ほどかかっています。

これに1パックあたり50円の寄付金を上乗せして100円。消費税を含めて108円となっています。弊社は一切利益を頂きません。販売の主旨をご理解いただいたうえでご購入ご検討ください。

皆さんのご協力お待ちしています。
もちろん、コーヒーの味は最高ですよ!!(^^) おいしいコーヒーを抽出していただけるよう内容量は1パックあたり贅沢に10g使用しています。是非お楽しみください!

完成するまでのお話

昨年カンボジアのプノンペンを訪問した際にコーヒー豆を焙煎販売しているショップを訪問しました。そこでカンボジアにもコーヒー農園があることを知ったのですがプノンペンからかなり遠いところにあって訪問は叶いませんでした。ショップでいくつかのコーヒー豆を購入し、日本に帰って楽しみました。

そして安田にはコーヒードリップバッグを製造販売している友人がいます。その人と話しているうちに「カンボジアからコーヒー豆を購入して、この人に頼めばオリジナルコーヒーバッグができる!!」と思い立ったのでした。

早速、インターネットでカンボジアのコーヒー豆ショップを探し2店舗発見。「日本に送ってもらえますか?」とメールをしたら1社だけ返信がありました。見積をしてもらって、代金を国際送金で送って、そのあとEMS(国際郵便)でコーヒー豆が届きました。

カンボジアのモンドルキリ地方で栽培されているコーヒー豆、アラビカ種とロブスタ種を5キロずつ。計10キロです。

さっそく友人のところへ。こちらの写真に写っているのが友人の吉田珈琲本舗の吉田さんです。届いたコーヒー豆と一緒に記念撮影(^^)

打ち合わせのなかで1袋あたり何グラムのコーヒー豆を入れるかという話になりました。多くのコーヒーバッグは7g~8gが多いようです。吉田さんところのコーヒーバッグをいつも愛飲している私は吉田さんところと同じ10gでお願いしました。「カンボジアのコーヒーをおいしく味わってほしい!」と願っているからです。

そしてできあがりましたのがこれです。ラベルはラベルシールに手作りで印刷したものを貼り付けています。

こちらが裏面。原産国の「カンボジア」の表記を見て少し感動してしまいました!!(^^)

こちらのコーヒーバッグ。およそ1000袋できあがりました。そのうち半分ほどは今回のプロジェクトにご協力頂いた方へのお礼(リターン)のためにとっておき、残りの半分は「寄付付きコーヒードリップバッグ」として販売の予定です。

自転車プロジェクト、皆さんからのご協力、お待ちしています!!

自転車のお申込みページはこちらです。

コーヒーの販売ページはこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です