訪問記3日目(2022/12/13)EDFカンボジアとの打ち合わせ、返礼品の買い出し編

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。訪問3日目の様子をお伝えいたします。(※昨日の「貝」、いまのところ大丈夫です(*^-^*))

EDFカンボジアとの打ち合わせ

今日のメインはEDFカンボジアのオフィス訪問です。冒頭の写真がその様子です。自転車プロジェクトセレモニーなど実施前の最終確認です。

スケジュールの確認

セレモニー実施スケジュールは以下の通りとなりました。

12月15日
午前 自転車寄贈式(1)及び自転車クラブ設立(1)? Taing Kok 郡, Kampong Thom 州
午後1 自転車寄贈式(2)及び自転車クラブ設立(2)? Santuk 郡 , Kampong Thom 州
午後2 安田が支援している奨学生(高校2年生)との面会
12月16日
午前 自転車寄贈式(3)及び自転車クラブ設立(3) Rovieng 郡, Preah Vihear 州
午後 何人かの生徒の家庭訪問
12月20日
午前1 自転車寄贈式(4), Baribour 郡, Kampong Chhnang 州
午前2 何人かの生徒の家庭訪問
午後1 安田が支援している奨学生(中学2年生)との面会?
午後2 安田が支援していた奨学生(6年間の支援で中学・高校を無事卒業)との面会
12月21日
午前 自転車寄贈式(5)及び自転車クラブ設立(4)Koh Andeat 郡, Takeo 州
午後 自転車寄贈式(6)及び自転車クラブ設立(5)Samrong 郡, Takeo 州

ツアー代金の支払い

この4日間のツアーと、安田帰国後の自転車パーツ補給(30カ所)の活動費を併せて1,976ドルお支払いしました。(こちらは皆様からのご支援金ではなく、事務局:株式会社パールから支出しております)

写真や動画撮影のための注意点の再確認

こんな資料を作成して、なるべく自転車プレートに何が書いてあるかわかるように寄って撮影してくださいとお願いしました。また、ありがとうメッセージ動画については練習風景や失敗が入ってもいいのであまり編集しすぎずシンプルに作ってほしいと伝えてあります。

発音練習

最後は自転車クラブの一覧とプレート番号の対応、そしてご支援者さんのお名前をローマ字表記したものを渡しました。発音はみなで練習。

安田「にしとはつじょーせいさくしょ」

皆「にし・・・と・・・はつ・・・じょー・・・せい・・さ・・・くしょ」

といった感じです。担当のマブさんはクメール語表記に置き換えながら何度も確認していました。

返礼品の買い出しへ

本当は来週行く予定だったのですが、他の予定が入ってきたので打ち合わせのあと、マブさんに同行いただいてクロマーとコーヒー豆を買いに行きました。下の写真がマブさん。トゥクトゥクの中ではお互いの近況やカンボジアの様子、コロナウィルスのことなど話しました。

クロマー

コーヒー豆屋さんがセントラルマーケット近くにあるので、クロマーもセントラルマーケット内で購入することになりました。

こちら、クロマー屋さんの店員さん。クメール語しか話しませんのでマブさんに同行いただいた次第です。めちゃくちゃスムーズに購入することができました。今回は50枚。デザインの選択はお任せですが、なるべくバラバラでくださいとお願いしました。

コーヒー豆

実はコーヒー豆については心配していたことがあって、生豆売っているところがすぐ見つかるかどうか。昨年はある方に協力していただいて、何とか見つかったのですが今年はどうでしょうか。

マブさんに去年のお店の情報をお伝えして連絡してもらいました。でも不通。お店なくなったんでしょうかねぇ。そして、生豆ではなくって焙煎豆しか売っていない昔から馴染みのコーヒー豆屋さんに聞いてみることにしました。そしたらなんと売ってくれるとのこと。去年確認してもらったらNGだったんですけどねぇ。

というわけで、こちらがそのコーヒー豆屋さんです。創業50年ぐらいの地元では有名なお店です。

下の写真がカンボジア産のコーヒー豆。CMとあるのがカンボジア・モンドルキリ州という意味。CPはカンボジア・パイリン州のもの。それぞれアラビカとロブスタの2種ずつあります。ちなみにモンドルキリの方が安い。またロブスタの方がアラビカより安い。下の写真の左から右に行くにしたがって高くなるというわけです。購入したい豆は40キロ。節約したいのもやまやまなのですが、ここはやっぱりオールブレンドがいい!というわけで、「全部10キロずつ下さい。」とお願いしました。

こちら注文後の計量風景。パッケージに小分けにしなくていいから、10キロずつビニール袋2重にして入れてくださいとお願いしました。

これで買い出し終了です。

お洗濯・・・ホテルの人に怒られちゃった(^^;

昨日、洗濯のことお話ししました。よく乾くのでバルコニー前に干してたんですがホテル正面から丸見えだったので・・・ホテルのスタッフの人に「ここはダメ。屋上に干す場所があるから、そこに干して」とのことでした。

「えっ?屋上あるの?使っていいの?」

というわけで屋上へゴー!!いい景色かなと思ってたんですがそこは残念。なかなかの散乱具合でした。しかし確かに干し場が。ものすごい日射しなのですぐに乾きそうです(*^-^*)

またまた生配信の練習!!

洗濯を終えて少し休憩し、また生配信の練習をすることにしました。今日は2本!!

生配信そのものは慣れてきた感じ。とりあえずは配信できそうです。懸念事項は画質。そしてマイクです。練習用にはヘッドセットでの配信ですからマイクが口元にあるので音声は聞き取れると思います。でも自転車寄贈セレモニーの場合はスピーカーの音を拾うのでヘッドセットとは異なりますので・・・どうなりますでしょうか・・・

 チョムさんとの初対面

本当は22日にお会いする予定だった人との面会。安田が22日に予定が入ってしまったため、今日晩御飯をご一緒することになりました。シェムリアップで日本語ガイドをしているチョムラーンさん。今はプノンペンで働いておられます。昨年、安田がカンボジアに行けなかったので返礼品用のコーヒー豆やクロマーの手配をお願いした方なんです。チャンディさんから紹介してもらいました。チャンディさん曰く、「日本語ガイドの仕事がコロナの影響でゼロになってしまったので何でもいいから仕事をお願いしてほしい」とのことでした。なのでとってもお世話になった次第です。
「22日ダメになってしまったので今晩お会いできませんか?お店はお任せします」とお願いしたら日本食の素敵なお店をご紹介いただきました。

そのお店は「鮨丼丸」( https://web.facebook.com/sushidonmaru )です。場所を教えてもらって事前に価格帯などを調べて、「やばい!!!!!!」と思ってネットでメニューの一番安いものを選びつつ・・・でもチョムラーンさんとは色々な話ができました。こちら、お刺身やお寿司もいわゆる「なんちゃって」ではなく本格的なものが提供されます。店員さんも皆日本語ペラペラ。接客していただいた女史はカンボジアで日本語を1年間勉強して、熊本県で3か月働き、今に至るという方。発音、イントネーション、全部完璧。なんともレベルの高すぎるお店でした。そして安田は改めてカンボジアで日本食を食べてこなかったことに今さらながら驚きを感じつつ。まぁこういう世界もあるよねと思いつつ。チョムラーンさんのご家族のこと、彼も昔浅草に行った経験があり日本文化のこと、食文化のことなど色々お伺いすることができました。楽しい時間はあっというまに過ぎて・・・やっぱりお誘いした以上、お会計のこともあって・・・でも安いメニューの下調べの効果もあって、まぁまぁ大丈夫なお会計でした(^^;

こちらお店からホテルまでお願いしたトゥクトゥク。今さら写真に撮ることもなかったのですが、なんと完全電気トゥクトゥク。「どこで充電できるんやろ?」という疑問も感じつつ、カンボジアにも電化の流れは着々と来ているんだと思った次第です。

結局行くんかい!!!!

ホテルに着いて、さぁ寝ようかと思っていたのですがジョンがカフェの外国人旅行客に一生懸命営業していました。

安田:「いく?」

ジョン:「行こう」

ということで呑みに行くことに。

電気トゥクトゥクもいいけど、やっぱりトラディショナルなこっちがいい!!!

いきついたお店は定番のお店。でも安田、お腹いっぱいだったので少しの肴と少しのビールで終了となりました。

ホテルに戻って、お出迎えはちょっと小さめなキティ。カンボジアは野良猫はもちろん野良犬もたくさんいます。犬の方は咬まれないか心配なときもありますが気にしなければ向こうも気にしないので大丈夫です。

というわけでカンボジア訪問記3日目も終了です。いつもの番外編ではなく今日は少しは自転車プロジェクトに関係することが書けました。ちなみに明日も番外編になります(^^; でもそのあと怒涛のスケジュールで自転車プロジェクトが始まりますのでご容赦ください。

それではおやすみなさい!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。