オレンジリボン啓発のバスケットボールゲームにてカンボジア自転車プロジェクトのことをPRしていただきました!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。

2月13日、14日の2日間にわたり、滋賀県草津市にて『﨑山組 presents オレンジリボンゲーム vs 琉球ゴールデンキングス』のバスケットボールゲームが行われました。

オレンジリボンというのは子ども虐待の防止を呼び掛ける運動です。オレンジリボン運動のホームページはこちらです。安田は不勉強でオレンジリボンのことを知りませんでした。でもホームページを見ているうちに色々と知りたくなりました。

安田はカンボジア自転車プロジェクトを立ち上げた頃にレンタル・チルドレンという言葉に出会いました。「赤ちゃんをさらい、手足を切断し、女性に貸し出し物乞いをさせる」というもの。また、日本でも流れてくる子どもたちの悲惨なニュース。

世界中から泣いてる子供がいなくなればいい。

そうした思いが、カンボジア自転車プロジェクトには込められています。

だから、このような機会をいただいて本当にうれしいです。そして、このうれしい機会をいただきましたのが冒頭のバスケットボールゲームのスポンサー企業になっておられる﨑山組さん。いつも、カンボジア自転車プロジェクトに協力いただいている企業さんです。

このバスケットボールゲームの会場ではオレンジリボンの啓発ブースが設けられることになっていました。(出展ブースの一覧がこちらで紹介されています。)﨑山組さんから「安田さんもカンボジア自転車プロジェクトをPRするために出展されませんか?」とお誘いを受けたのです。

でも・・・

「素敵なお誘いありがとうございます。普段なら飛んで行って自転車プロジェクトのことをPRさせていただくところなのですが、難しい事情がございます。
新型コロナウイルスの影響が始まった昨年2月から仕事以外で人が集まる場所に行くことを控えております(中略)本当に申し訳ありません。長々と書きましたが、どうかご容赦ください。」と、お断りさせていただいたんです。本当に本当に申し訳なく思っています。

そしたら・・・

「でしたら自転車プロジェクトのチラシかポスターを送っていただけましたら一画に貼らせていただきます。賛同される方にご案内します。」

と、言っていただきました。とってもうれしかったです!!

そこで、掲示用にタペストリーを作りました。そしてチラシも。

併せてお送りしました2,000枚のチラシはゲームを見に来られた方向けの配布物に入れていただき全部配っていただきました。

そして、カンボジア自転車プロジェクトの書籍も10冊も販売していただきました。

さらには、9,411円もの募金までしていただきました。

この募金はトップページのところに「﨑山組presents 「オレンジリボンゲーム」にて募金していただいた皆様」としてページ下部の「使い方お任せ! お申込みの状況」に掲載させていただきました。

﨑山組さん、今回は本当にありがとうございました。

そしてオレンジリボンのことを知る機会をくださって、こちらも本当に感謝しております。

オレンジリボンのホームページにサポートグッズが売っていました。ちょうど、使い捨てマスクを卒業しようと考えていたところなので、オレンジリボンがプリントされたマスクを洗い替えなども含めて10個購入しました(^.^) つけている安田を見かけたら声かけてくださいね(^.^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です