カンボジア訪問記2017(10)【番外編 2017/12/09 プロジェクト完了から一晩あけてゆっくりと】

こんにちは。安田です。

昨日までで無事自転車プロジェクトが完了し、9日と10日の週末2日間。本当はトゥクトゥクドライバーのジョンの実家に遊びに行く予定にしていました。それがあいにくのアレでございましてジョンに平謝りして断念した次第です。空いた時間をどうしようかと思案して、今日やりたいことをリストアップしてみました。

  1. コーヒー豆の購入
    リターン(お礼)用のコーヒードリップバッグを作りたいのでカンボジア産のコーヒー豆を買いたい
  2. ブログの更新
    10日が一応、ReadyForさんのプロジェクト最終日設定なのでそれまでにプロジェクトの様子を書ききりたい
  3. ぶらぶら
    ヤシの実ジュースかなんか飲みながらホテルの近くを散策したい
  4. リーディングの練習
    カンボジアの後に控えた講義の原稿読みの練習。マラソンの日にアレになってからサボっていました・・・

こんなところです。これまでのスケジュールと比較するとかなりゆったりしていますが、まぁ体調を戻すためにもそれぐらいで良しとしましょう(^^)

まずはこれ。ホテルの朝ごはん。こちらのホテル朝食付きです。あまり充実していませんがビュッフェスタイル。中華粥、卵焼き、焼きそば。それぞれ少しずつ。この中華粥・・・かなり油っこい・・・アレにちょうどいいやと思っていたのですが予想外・・・以外にも焼きそばがさっぱりしていて少しおかわり。はやくアレから回復しないなかなぁ・・・

朝食を終えて、ホテルの部屋に戻り6日分のブログ作成に取り掛かりました。皆さんにその様子がしっかり伝わるように画像を選択したり、ブログサイズに縮小したり、またまた動画を切り取って編集したりYoutubeにアップロードしたり・・・なかなか色々とこまごまやっているうちに4時間ぐらい経過していました(^^;

投稿を終えて、そろそろでかけようかと思い立ちました。ジョンに電話です。昨日通話料のチャージを済ませたので通話も普通にできます。

「セントラルマーケット行きたいからむかえにきて~!」

と、しばらく待っているとジョンから「ホテル着いたよ!」と着信が。早速乗り込むと相乗りでした(^^)

どんな状況にももうひるみません。「ナイストゥミーチュー!」から始まってコミュニケーション。お兄さんのヒゲもすごいですが、安田にはむしろお姉さんのマユ無しのほうが怖かったです(^^;
こちらのお二人。ドイツから長旅しているそうで、カンボジアには一か月ほどいるのだとか。お兄さんの方が安田のシャツを見て一言。

「マラソンでたの?」

そう。安田は参加賞のシャツを着ていました。マラソンの参加賞で貰えるシャツは速乾性のものが多く、こうした暑いところで着るのにもばっちりなんです。

「でたんだよ~!!すんごく暑くて大変なレースだったよ。でもがんばってなんとか完走したんだ!!」

「それはおめでとう!!僕たちと一緒に旅をしている仲間も何人かシェムリアップに行ってマラソンに参加していたんだよ。一緒に走ったってことになるね!!」

というような話をしているうちにジョンのトゥクトゥク仲間のチャイヤが合流。安田はチャイヤのトゥクトゥクに乗り替えてセントラルマーケットへ。ジョンは明日(10日、実家にいったん帰るのだそうな。慌ただしいけど、これがこの旅のお別れになりそうです。ジョン、元気でね~!!!)

で、マーケットに到着。実はマーケットの中ではなく、その近くにあるコーヒー豆屋さんに用事があるのです。去年もここで豆を買いました。そのときは自分用。今回はリターンようです。

こちらがお店の様子。何人も店員さんがいててきぱきと動いています。安田のオーダーはというと・・・

このパイリン地方のロブスタ種を2.5キロと・・・

同じパイリン地区のアラビカ種2.5キロと・・・・

モンドルキリ地方の方のアラビカ種も2.5キロと・・・

はい。最後、モンドルキリ地方のロブスタ種2.5キロ。合せて10キロお願いします!!

ってオーダーすると店員さん、口をぽかーんとさせてました(^^;

10キロのコーヒー豆でドリップコーヒーバッグが約1,000個できます。これぐらい作ってリターンで皆さんにお送りしてちょうどいいのです。(もちろん、安田の分を残しておいての計算ですよ(^^)

買い物を無事終えて、待ってくれていたチャイヤのトゥクトゥクにてホテルに戻ってきました。

ホテルに戻って次は7日のブログ記事作成に取り掛かりました。プロジェクト2日目は1日目よりスムーズに更新でき2時間ほどで完了!!

「なんだかお腹すいてきたなぁ・・・」

今日のミッションの3つめの「ブラブラ」をかねて散歩することにしました。

探すとなかなかないヤシの実ジュース。そこへ、目に留まったのがサトウキビジュース屋さんです。サトウキビを絞り機で絞って荷重100%のジュースにしてくれます。さっそく1杯お願いしました。

途中で氷を足そうとしたので、「氷は無しで」とジェスチャーで示して・・・しばらく待つと・・・

こんな感じのサトウキビジュースのできあがり。コップの口をフィルムで留めてこぼれないようにしてくれました。

「ごめんなさい。ここで飲んでいいですか?(風のジェスチャー)」

「いいわよ(風のクメール語)」

というわけでサトウキビジュースをいただいてみます。

安田の父親は奄美諸島の出身で、田舎に帰ったときによくサトウキビをガジガジかじっていたのでサトウキビの味にはうるさいのですが・・・これは・・・サトウキビ?まぁおいしいからいいけど・・・あの独特の風味がないねぇ・・・おいしいけど。

というわけで結果オーライ。昨年飲んだときはちゃんとサトウキビの味だったんですけどね(^^;

で、晩御飯。やっぱりお粥屋さんは見つからなくて、地元民が集まる食堂へ。指さしで平緬と牛肉を頼んで出てきたのがこれ。とってもおいしい肉うどん。

あっさり食事を終えてホテルへ。最後はリーディングの練習です。A4サイズ20枚。カンボジアから帰った4日後に次はインドに行く予定なのですが、そのときに行う講演の原稿です。まだまだ頭に入っていなくて読み込みが足りません。

1時間声に出して練習完了。

今日1日はこんな感じでした。明日は何しようかなぁ~~~~~~~~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です