【気になる1枚】修理マニュアルを熟読する男子2名!!

こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。不定期ですが恒例となってきました「気になる1枚」シリーズです。

今日の1枚はこちら。彼らが食い入るように眺めているのはカンボジア自転車プロジェクト特製の修理マニュアルです。クメール語、英語、日本語の3か国語で書かれた自慢の冊子。自転車の寄贈や自転車クラブの設立時に配布しています。

こちらの写真はシェムリアップ州のSOR SOR SDOM中学校で撮影されたものです。2020年に自転車クラブが設立されました。

「この二人のことわかるかなぁ・・・」と思い立ち少し調べてみました。

2020年プロジェクトの資料を見返していますと、この中学校の生徒にプレゼントされた自転車は15台。自転車番号でいいますと136番から150番です。

プロジェクト報告ページを探していますと・・・見つけました!!

着目したのは顔はもちろん、ベルトやサンダルの色。そうした写真で調べてみるの、なんだかパズルみたいで面白いです(*^-^*)

さて、彼らの自転車は番号が142と147でした。チャンディさんからもらった「自転車をもらった生徒さんのリスト」を確認してみますと・・・1枚目写真の右側の彼はPUL BUCH君。当時中学1年生。今は2年生ですね。左側の彼はYA YUTH君。同じく当時中学1年生でした。

SOR SOR SDOM中学校には2021年にパーツの補給も行われました。みんな自転車を修理しながら学校に通い続けてくれると願っています!!

いつものお願いです(自転車、自転車クラブ設立、自転車クラブパーツ補給)

smalltop

皆さまからのご協力お待ちしております!

こちらのページよりお申込みください。

また、クレジットカード等の利用をご希望される場合は、Yahoo!ショッピングの方もご利用ください。

いつものお願いです2(チャリティコーヒー)

カンボジア自転車プロジェクトの運営費用をご支援ください!!

毎年カンボジアの貧困に苦しむ子どもたちに通学用自転車をプレゼントする『カンボジア自転車プロジェクト』。2021年度は自転車324台、新しい自転車修理用のクラブ8カ所、既設22カ所のクラブへのパーツ補給を行いました。ご協力者さんからの支援金にクラウドファンディング会社やネットショップ会社に支払う手数料を差し引いたもの全額を充てています。

それ以外にチラシやネット広告、自転車プレート作成、返礼品の購入、それらの送料などがかかっており、「活動運営費」として弊社から支出しております。2021年度は約77万円となりました。

このチャリティコーヒーはその活動運営費を捻出するために販売しているものです。

10個入り3,000円で、コーヒー原価、送料、ネットショップ手数料を差し引いた2,000円が活動運営費に充てられます。30個入り8,500円で6,000円、50個入り14,000円で10,000円、100個入り27,000円で20,000円となります。

カンボジア産コーヒー豆の生豆を輸入し、コーヒー焙煎・ドリップバッグを作成する工場に依頼して製造しました。カンボジア産コーヒー豆100%のドリップバッグです!!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/asian-pearl/charity-coffee-1.html

こちらのネットショップ以外でも直接コメントやメッセージを入れて頂いてももちろん構いません。請求書発行なども可能ですので何でもお問い合わせください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です