Yahoo!ショッピングに自転車支援向けメニューを登録いたしました

20160524120211安田コンサルティングの安田です。こんにちは。今日は昨日より少し涼しくなりましたね。いい天気の日が続いています。

お支払方法について振込のみだったのですが、思い至りまして、弊社のネットショップに掲載してみました。いつもは拙著2冊だけを販売しているショップだったのですが・・・

http://store.shopping.yahoo.co.jp/yasucon/a5aba5f3a5.html

こちらですと様々な決済方法をご利用頂けます。またTポイントもつきますので是非ご活用ください。

※ネットショップの購入フォームには必要事項を記入する欄がございません。ご購入いただきました後、メールにてお尋ねいたしますので予めご了承ください。


カンボジアの子ども達と「運命」と「宿命」

DSC_0190安田コンサルティングの安田です。

今日はカンボジア訪問の際に思ったことをちょっとを書きますね。

この写真は私が奨学金支援をさせていただいている女の子のご家庭を訪問した際の写真です。私が手に取っているのは彼女が勉強中だと持っていた英語の教科書です。

DSC_0202彼女はその勉強を親の仕事を手伝いながらやっています。ゴザの上に巻かれている木の破片のようなものは煎じて飲むと妊婦さんに良いとされているものだということでした。これを売ってお金に変えて生活費の足しにしています。

彼女はそうした家庭に生まれてきたという宿命を背負っています。誰しもが生まれながらに背負っているものや環境があります。それが宿命であって変えることはできません。

そして彼女は「今の生活を変えたい」と言いました。背負った宿命から自分の人生をどう歩んでいくのか。それは命を運ぶことであり「運命」です。運命は変えることができます。ただし厳しい環境に置かれていると運命を変えることの難易度は非常に高くなります。

周りの人たちができることと言えば、その難易度を下げるための機会を提供するだけだと感じています。「難易度を下げるための機会」という何とももどかしい表現ですが・・・

機会はチャンス。チャンスは確率的なものであってつかまなければ何も起きません。チャンスをつかもうと手を伸ばすことすらできない環境があることも今回の訪問で知りました。手を伸ばすだけでもできる機会、その回数を増やしてあげる機会、手の先に持てるチャンスをひっかける「教育という道具」を得られる機会。

色々な機会を。それが奨学金であったり今回の自転車だと私は思っています。

引き続き、皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。

 


お父さんのためにお医者さんか看護師さんになりたいという女の子。でも・・・

DSC_0163今日は昨年訪問した際にすごく印象に残っている女の子のことを書きます。

この女の子の話を聴いたとき、前回のブログに書いた宿命と運命のことを強く思いました。

1枚目の写真に写っている子が地元の中学校に通うAちゃん。(ちなみに右側の男性がとってもお世話になっているチャンディーさん。クメール語を英語に通訳してくれてます)

DSC_0170トタン板で作られた小さな家にお父さんと住んでいます。隣にはお父さんの母親(Aちゃんのおばあちゃん)が住んでいます。Aちゃんの左側に写っている女性がそうです。とっても高齢です。お父さんが病気で農作業が行えず農業からの収入は殆ど得られない状態です。そのため厳しい生活を強いられています。お母さんは蒸発してしまって何年も帰ってきていないそうです。

DSC_0166Aちゃんは収入を得るために学校に行く前と後でチャンディーさんの足元に写っている藁で編んだカゴを作っています。1日で作れるのはせいぜい2個。1個1ドルで売れるそうで計2ドル。これがAちゃん一家の唯一の収入です。ちょうど真ん中に自転車が写っています。学校までの距離が10キロ以上離れているため、この自転車が無ければ通学に時間がかかりすぎ、カゴを編む作業ができなくなります。収入が得られなければ生活できませんので学校に行くことよりカゴを編むことが優先され、学校に通うことをやめてしまうでしょう。自転車は教育を受け続けるためのとても重要な要になっています。

この写真の後方にAちゃんのお父さんが写っています。ずっと体全体が痙攣しています。どのようなご病気なのかわかりませんが、これでは仕事ができないことは明らかです。Aちゃんはお父さんを助けるために将来医者か看護師になりたいと言っています。

「そうか!!がんばりなよ!!」

で、済む話ではありませんでした。

医者や看護師になるためには高校、大学と進学しなければなりません。それはAちゃんの努力や奨学金をうまく使えば叶うかもしれません。ただ高校、大学に通うために地元を離れる必要があります。そうなるとAちゃんのお父さんが一人になり介護する人がいなくなります。おばあちゃんは高齢のためどこまで助けてもらえるかわかりません。だから高校や大学に通うには今のこの状態を解決する「何か」が必要なのです。

そうした話をチャンディーさんから聞いたとき、私はどう言ったらいいかわからず言葉を失いました。その「何か」についてまったくアイデアが出なかったからです。

Aちゃんは医者や看護師になる夢を諦めなければならないのかもしれません。或いはその「何か」が得られて夢を実現する道が見えてくるかもしれません。

その「何か」とは「チャンス」とも言えるでしょう。或いは「救いの手」かもしれません。安田が奨学金支援をする理由を聞かれたときにいつも言うことなのですが、『いつか来るかもしれないチャンスをしっかりつかむには教育が必要だから』なのです。

前のブログで宿命や運命について書きました。

「命を運ぶ運命」

どう運ぶのかは自分次第。自分次第でどうにでもなる。

それは残念ながら嘘です。どうにもならない宿命があります。

ただ、その宿命を打ち破るチャンスは来るかもしれません。

Aちゃんのような子どもがちゃんと中学校に通えるようにと願ってやみません。

引き続き、皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


中小企業家同友会の総会にて自転車プロジェクトをPR!

003 暑い日が続きますね!皆さん、お体の調子を崩されないようご自愛ください。

今日は先日行われた中小企業家同友会の総会に物産コーナーとして参加したことを書きます。

左の写真は私がこれまで上梓させていただいた本が2種と自転車プロジェクトのPRを行うためのブースです。

そもそも「中小企業家同友会って何?」という方向けに少し説明します。
(詳しくはホームページをご覧ください)
中小企業家同友会は中小企業経営者の集まる会で一言でいえば異業種交流会。でも単なる「交流」ではなく会員同士切磋琢磨しつつ、よりよい社会を目指した「運動」を行う会です。

企業数や就業者数で大多数を占める中小企業の経営者が、よりよい経営者、よりよい会社、よりよい社会を目指して活動することに高い意義を感じて、安田自身も一人の経営者として勉強させてもらっています。
004そうした志し高き経営者の集まりなので自転車プロジェクトのことにも多くの方が賛同いただき、左の写真のようにその場で支援を即決していただいて申込用紙に記入いただいた仲間もおられます。

同友会が無ければ今の私は無く、もちろん、この自転車プロジェクトも立ち上げなかったと思います。同友会で学び、自分の理念のもとよりよい社会を目指し活動するなか、カンボジアを訪問する機会を得て、たくさんの子ども達と出会い、子ども達のおかれた環境に驚き、何か支援ができないかと感じたのです。

そんな思いを興味深く聞いてくださる仲間もたくさんいました。言葉をかけていただくだけでも励みになります。多くの人に支えられていることを強く感じた2日間となりました。

引き続き、皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


カンボジア自転車プロジェクト、まだまだ募集中です!是非ご協力ください!!

DSC_01904月から始まりましたカンボジア自転車プロジェクト、多くの皆さんにご協力頂いております。現時点で自転車が33台、自転車クラブが4カ所となっています。
詳しくはトップページ下の方をご覧ください。

まだ目標には全然達しておりません。皆さんのご協力をお待ちしております。

左の写真は昨年、カンボジアの農村エリアを訪問した際のものです。この子は中学1年生で私がダルニー奨学金を通して支援している子です。この子は収入を得るために近くでカニを取ったり、妊婦さんに良いとされるお茶の原料になる木の皮を取ってきたりと学校以外でも大忙しなのですが、その作業の傍らで英語の教科書を読んでいました。

英語が話せるようになって広がる世界に何を見ているのでしょうか。行きたいところ、なりたい職業、様々なものがあると思いますが、やはりそれは生きる希望だと思っています。

教育が生きる希望になる。

そして、「教育を受けた子ども達が次の世代を担う大人になる」という私たちの希望にもつながっています。

奨学金で学校に行く資格を得ても通学距離が長すぎて徒歩では時間がかかりすぎます。この子も先に書きました家の手伝いがあるため、あまり通学に時間がかかっては生活そのものが脅かされるのです。

そんな子ども達に自転車が必要なのです。

皆さん、どうか力を貸してください!!

皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


試行錯誤ですみません。カンボジア自転車100台プロジェクトのLine@を始めてみました!

カンボジア自転車100台プロジェクトのLine@を始めてみました!


こちらがQRコード。

友だち追加数
こちらが友達追加ボタンです。

これからLineでも情報発信していきたいと考えています。
是非、友達に登録してください!!

宜しくお願いします!


猫ひろしさん、がんばった!!

CA161_Lリオオリンピック、閉会しました。ひそかに注目していたのが男子マラソン。カンボジア代表として出場した猫ひろしさんです。日本とカンボジアを色々な意味でつないだ立役者だと安田は勝手に思っています。

結果は139位でタイムは2時間45分55秒。オリンピック初出場で見事完走!!

ちなみにカンボジアのオリンピック出場選手は猫さんを入れて6人です。陸上競技が2名。競泳が2名。あとレスリングとテコンドーの選手が1名ずつです。今回も含めこれまでメダルの獲得はありませんが、いつかメダリストが登場することを心から願っています。

次の世代、その次の世代。どんどん国が豊かになってスポーツの振興も広がっていく・・・そんな姿を思い描きながら微力ながら子ども達を支援していきたいと考えています。

皆さん、どうか力を貸してください!!

皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


民際センターさんがACジャパンの支援団体に選ばれました

安田です。こんにちは!!

このカンボジア自転車プロジェクトに協力頂いている民際センターさんがACジャパンの支援団体に選ばれました(^^)

https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_07.html

これで民際センターさんの知名度があがり、支援者が増えて、学校に通える子ども達が増えることを願っています。

テレビを見る時間がなかなかなくって、テレビCMをまだ見られていないのですが・・・CM自体は上記のホームページからも閲覧できますので皆さんも是非ご覧ください。

そういえば、私が民際センターさんを通してダルニー奨学金の支援を始めて1年が経ちました。

8月15日に資料請求。

8月21日に五か国お一人ずつの支援を申し込み

8月27日に民際センターさんの関西担当のTさんからお礼のメール

005EDIT9月5日に梅田阪急百貨店でTさんにお会いして話を伺う
※写真はそのときTさんが民際センターさん、ダルニー奨学金の紹介をしているときのものです。

9月18日にTさんにカンボジア訪問の相談、そして11月にカンボジア訪問。

去年の今頃はこんな感じでした。1年での環境の変化に驚きつつ、新たに熱中できるものを見つけられたことに感謝しつつ。

本日、自転車支援が40台を超えました!自転車クラブも4カ所。

もちろん、まだまだ募集中です!!

皆さん、どうか力を貸してください!!

皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。

 


自転車プロジェクト、募集を延長します!!

安田です。こんにちは!

自転車プロジェクトの募集期間を8月末までに設定していましたが、まだ継続してお申込みがあること、締めきり後の準備を並行して進められること、及びカンボジア訪問予定が12月後半になる予定な147どを加味して延長させて頂くこととなりました。

新しいスケジュールは以下の通りです。

支援者の募集 2016年4月~2016年8月末日10月中旬
支援実施の準備 2016年9月より順次
支援の実施 2016年12月より順次
サンクスメールや写真の送付 2016年12月~1月

予めご了承ください。

というわけでございまして、まだまだ募集中です!!

皆さん、どうか力を貸してください!!

皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


ダルニー掲示板なるものを作ってみました(^^)

002こんにちは。安田です。

先日、100均でコルクボードを購入してきてダルニー掲示板なるものを作成してみました。

私は民際センターさんのダルニー奨学金を通してカンボジアはもちろんラオス、タイ、ベトナム、ミャンマーの計5人の奨学生の支援をしています。各国から奨学生の写真が届けられるのですが個別にフレームに入れて飾っていたのですがちょっとした妄想をしてみたかったので掲示板にすべて貼ってみたわけです。

まだベトナムの奨学生の写真が届いていないので計4人なのですが、写真台紙をそれぞれつないで輪っかのようにしてみました。

それで、私の妄想はといいますと・・・ この子たちが学校を卒業してそれぞれの夢を実現したあと、偶然にもお互いがどこかに出会って、「私もダルニー奨学金で学校通っててん!!(何故か関西弁)」と意気投合し、「私の支援者はメガネかけたヤスダっていうオッサンやってん!!(ここも関西弁)」というところまで一致してお互いがびっくりしている場面。

この妄想には続きがあって、「そういえば、ここ数年、うちの国に日本からヤスダって会社が出てきて、みんなが『ええ会社や!』って喜んで働いてるわ!!(当然関西弁) このヤスダって偶然の一致かな??」ってお互い喋っているシーン。

こんな妄想でいつも元気もらってます。

自転車プロジェクトも、おかげさまで自転車が50台を超えそうな勢いです!!ありがとうございます。

まだまだ募集中です!!

皆さん、どうか力を貸してください!!

皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。