[訪問記2019-13]2019/12/18 これにて完結

皆さん、こんばんは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。今このブログは日本で仕事をしながら書いています。そう、帰ってきました。カンボジア旅をゆっくり振り返る間もなく仕事どっぷりで動き出しました。短めですが、最後の1日をお送りいたします。

空港にて

昨日はジョンとお別れするところまで書きました。ブログ書いた後、空港でチェックイン。でも時間がまだまだある・・・眠たい・・・荷物の上に腰を下ろしてウツラウツラ・・・

そしてチェックイン。出国審査を受けて無事出発ロビーへ・・・眠たい・・・コーヒー飲もう。スタバ行こう・・・眠たい・・・何かしないと寝てしまう・・・寝過ごしたらどうしよう・・・で思いついたんです。「そうだ!自転車の絵を描こう」って。

描いて・・・眠たい・・・もう一台・・・描いて・・・描いて・・・描くとこなくなってきた・・・端っこにもたくさん・・・描いて・・・描いて。子どもたちが笑顔でチャリンコで学校行く姿思い浮かべながら・・・描いて、描いて。なんだか集団登校みたいになってきた。

そして搭乗の時間を無事迎えることができました。

飛行機の中

帰りも北京首都空港経由です。どちらも国際線。だから食事もでるしビールも飲める・・・なんですが、なんと、搭乗して座席に座ったらすぐ寝落ち。なんどか寝覚めましたけど、いつのまにか機内食の配布も終わってるし「もし食事が必要でしたらお声がけください」のメモを見て、また寝て・・・気が付けば北京。帰りはトランジット2時間と短めなので空港の中でウロウロしないで出発ロビーに座ってウツラウツラ・・・

乗り換えの搭乗を済ませたら、また寝ちゃいました。でもお腹空いてきた・・・というところでタイミングよく機内食。

窓からの陽射しが明るすぎてよく写っていませんが、おかゆ。それとアンパン。おかゆあったかくてほっこりしました。もうビールじゃないですね。カンボジア旅最後のビールはジョンと交わした乾杯ビールとなりました。

関空に到着

そして関西空港に到着。

戻ってきた最初の印象は「なんや、冷蔵庫の中みたいや!!寒い!!」でした(^^;

税関やらの手続きを済ませて、荷物も多いのでまたまた贅沢タクシーで帰っちゃいました。往復のタクシー代でチャリンコ1台いけるやんとか思いながら。

で、自宅に到着してピンポン鳴らしたら娘が飛び出してきました。まだ14時ぐらいだったのですが冬休み前の懇談会やらで短縮授業だったみたい。

安田:「ただいま!!ところで今日の給食なんやった?」

娘:「お帰り!!カレーやってん。人気あるからおかわりできんかった!」

日常のやりとりをして安田のカンボジア旅は終わったのでした。

最後に

カンボジア自転車プロジェクト2019に応援、ご協力、ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。これまでのブログに書いてきました通り、166台の自転車、4か所の自転車クラブ、13か所のパーツ補給を通して、本当にたくさんの子どもたちが笑顔になり、そして学校に通い続け、カンボジアの未来を明るく照らしていくでしょう。その明かりはメコン川を越え、海を越え、そしてまわりまわって日本にも届くと思います。子どもは私たちの宝。世界の宝。たまたま選んだカンボジアですが、一人でも多くの子どもが笑顔になってくれればとがんばって参りました。そして私をがんばらせてくれたのは皆さんの力です。

カンボジア自転車プロジェクト2019はまだ終わりません。これから返礼品の準備に入っていきます。きっと完了するのは年を超えた2020年1月か2月頃です。ご協力いただきました皆さん、返礼品を楽しみにお待ちください。
そして、届きましたら・・・ここからが大切なお願いです。同封されているカンボジア自転車プロジェクト2020のチラシを見ていただき、再びご支援をご検討いただければと思います。

これまで累計で自転車の台数は500台を超えました。まずは1,000台を超えることを目標にがんばります。そしてその次は多くのボランティア先輩方が「10年続けて一人前」と言われるように自転車プロジェクト10周年を迎えられるようがんばります。

ほんまの最後に

このカンボジア訪問記をずっと楽しみに読んでくださった方、ありがとうございました。「楽しみにしています!」っていう言葉にどんなにはげまされたことでしょうか。眠たい目こすりながら、寝落ちしながら、描き続けてよかったです。稚拙な文章で誤字脱字もいっぱい。そこをぜんぶひっくるめて大目に見てくだされば幸いです。