年末のうれしい贈り物(ダルニー奨学金の写真)

おはようございます。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。今日は12月29日。2021年ももうすぐ終わりですね。

郵便ポストを確認しましたら民際センターさんから3通の封書が届いていました。中身を確認するとそれぞれ奨学生の写真が入っていました。上掲の写真がそれで、左からベトナム、ラオス、カンボジアの子どもたちです。

ベトナムとカンボジアの子は昨年まで支援していた子が中学校を卒業したので今年から新たな子の支援となりました。まんなかのラオスの子は今年2年生。しっかり勉強して卒業までがんばってほしいところです。

3人の子たちに共通しているのは親の仕事が小作農であること。また1人の子は両親が離婚して片親になっているようでした。これまで支援してきた子のほとんどは同様の状況です。そして貧困から脱出するため、将来収入の良い仕事につくため、一生懸命勉強をしています。奨学金がもらえたとしても、それこそコロナの影響で親が失業したりすると収入を得るために何かしないといけなくなり学校に通えなくなったりもします。そんないつ途切れてしまうかもしれないか細い道を彼ら彼女らは歩んでいるのです。そんな道が途切れないように奨学金でしっかりサポートしていきたいと思います。

「ダルニー奨学金ってなに?」

と、気になった方、こちらのホームページをご確認ください。

※自転車プロジェクト2021の進捗ですが、今まさにカンボジアで準備・実施されている最中です。写真や情報が届き次第こちらでも発信していきますので今しばらくお待ちください。

この投稿が2021年最後の投稿となりそうです。今年も本当にたくさんの方々からこのプロジェクトを支えていただきました。2022年が皆さんにとって素敵な1年になりますように心からお祈り申し上げます。

本年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です