[訪問記2019-4]2019/12/09 カンポットにて自転車クラブにパーツ補給!!

こんにちは。カンボジア自転車プロジェクトの安田です。ただいまカンボジア時間で夜10時を過ぎたところ。カンポットからの帰路に大渋滞に見舞われ、9時前にプノンペンのホテルに戻ってきました。洗濯と明後日のセレモニーのスピーチ原稿を完成させて今日のミッション終わり。最後にブログ書いています(^.^)

朝はいつものランニング

プノンペンでのランニングは何回かやっていますが、今日は何と言っても朝からカンポットにいますのでカンポットランニング。一昨年もカンポット泊ってたんですがお腹壊していたのでランニングできなかったんです。

ホテルの近くにはカンポット川。ここから10キロほど下れば海。往復で20キロ走れる時間と体力があれば海を見に行くのですが今日は断念。

このモニュメントは何でしょうか。夜ライトアップされそうな感じ。どうもナマズ系のような。昨日お昼の焼き魚定食も同じような魚だったのような・・・

1キロほど川沿いを走ると市場が開催されていました。たくさんのシーフード。魚、イカ、カニ、大きなシャコなど。新鮮でどれもおいしそう!!食べてみたいけど、走っている最中なので断念。その場で焼いてくれる屋台とかあったらいいのにねぇ。

こんな感じで寄り道しながら計10キロ汗を流しました。ホテルに帰ったのが8時前。チャンディさんとは9時にホテルで合流なのでシャワー浴びたり仕事したりして時間を過ごしていました。「ちょっと渋滞で20分ほど遅れそうです。」という連絡が入ったので9時過ぎにチェックアウト。ホテルの前で待機していました。

いよいよ出発!!

9時半ごろにチャンディさんご一行が到着。チャンディさん、マブさん、そして新社員のヴィーリャックさん、さらには何と日本からインターンで参加しているユズキちゃん。プライバシーもあるのでユズキちゃんのプロフィールは避けておきますね。私も入れて計5人のキャラバン隊として出発しました。今日の予定はカンポットにすでに2017年に設立された3か所の自転車クラブにパーツ補給を行うのでした。

ROLUS LSS

LSSはLower Secondary Schoolの略で、日本で言う中学校のことです。最初に訪れたのはROLUS中学校。予めパーツ補給で訪れることを伝えてあるので生徒たちが集まってきました。 

補給されたパーツを前にみんなで「ありがとうメッセージ」の撮影です。うしろの校舎の壁に自転車クラブのプレートが設置されています。2017年に設立されて2018年にパーツ補給。今回が2回目の補給になるので計3枚のプレートとなりました。

メッセージビデオを撮影したあとは学校内を散策。ちょうどお昼休み中だったのでみんな各々お休みを過ごしています。

こちらは女子トーク。何が話題なのでしょうか・・・盗み聞きしようにもまったく言葉がわかりません(^^; ちなみに写真左側の女の子は横ピースが流行りのようで、カメラを向けるとポーズをとってくれました。

こちらはホワイトボードに何やら書いています。なんだか楽しそうです。カメラを向けられて照れているのか、変なオッサンが来たから笑っているのかどちらかわかりませんがとにかく楽しそう。

散策を終えて、次の学校に移動することになりました。

ROANGCHAK SIMONG LSS

次の学校はROANGCHAK SIMONG中学校。さっきの学校から1時間ほど車で行ったところにあります。

こちらの学校、まずおどろいたのが集合してくれた生徒たちの数。何人いるんでしょうか・・・ちなみに去年もものすごいたくさん集合してくれた学校なのですが、去年よりパワーアップしています。

これぐらい引かないと全体が入らないぐらいです。盛大に「ありがとうメッセージ」をいただいて無事ビデオにおさめることができました。ビデオはこちらに掲載できなくてごめんなさい。自転車パーツ補給に協力して頂いた方向けにお名前をいれたメッセージビデオなので公開は控えさせてください。

歴代の自転車たち。今年はカンポットでは自転車プレゼントが無いので、去年と一昨年の自転車たちです。

ランチ

2つの学校を訪問して午前中の予定は終わり。みんなと一緒にお昼を食べに行きました。こちらは卵焼き。

野菜(トマト中心)と魚のスープ。

空心菜とニンニクの炒め物。計おかず3点です。これにおかわり自由のライスがつきます。食事中、ずっとユズキちゃんと喋っていました。彼女の生い立ちとかカンボジアに来た理由とかいろいろ興味深かったです。あと日本語を話せるのがとってもうれしかったのでした。去年はQちゃんや乾さんご夫妻が参加され、そのときは日本語が話せるのですが、それ以外は基本的には英語。やっぱり英語で話すのがストレスなんでしょうかね(^^;

CHBA AMPOV LSS

最後はCHBA AMPOV中学校です。到着したのは13時頃。午後の授業は14時からなので校庭のベンチでお話ししていたグループにお邪魔しました。

いつもの指差し会話帳です。今年も結局十分にクメール語を学習することができず、語学力は去年のままです(^^;

こちらは去年のプロジェクトでプレゼントされた自転車。プレートがかなりへたってきています。

最後に集合してもらって「ありがとうメッセージ」をビデオに収めました。

続いて家庭訪問

3つの学校の訪問を終え、2件の家庭訪問をすることになりました。CHBA AMPOV中学校に通う生徒たちなので家は近く・・・ではありません。そう、近ければ自転車はいらないわけで、やっぱり遠いのです。

ルーンちゃん

1件目はルーン・スライミエンちゃん。学校まで5キロあります。

彼女は3人姉妹の長女で14歳。下に12歳と6歳の妹がいます。

お母さんと一緒に住んでいますがお父さんは建設作業員としてプノンペンで働いているとのこと。毎日働いて月50ドルにしかならないそう。子どもが病気になったときぐらいしか帰ってきてこないとのことでした。田んぼでお米を作っていますが、収穫は少なく一家が食べる7か月分にしかならないのだとか。

彼女は実はとっても成績優秀で学校で1番か2番なのだとか。先生の事務作業なんかも手伝ってるとのこと。NGOが支援して英語を学ぶ学校に通っていて、その支援を通して高校にも通えるとの話。卒業後、さらに2年の教師養成学校に行って将来は英語の先生になりたいのだそうです。英語の学校に通っているだけあって、ちゃんと英語でコミュニケーションできました。発音もとってもきれい!!

笑顔を忘れないで一生懸命勉強して将来の夢をかなえてねってお伝えしてきました。

リーフォイちゃん

2件目はルーンちゃんのすぐ近くに住むリーフォイちゃん。ルーンちゃんとは友達通しです。

彼女はいま中学3年生。高校にも行けるのだそう。将来は会計士になりたいんだとか。成績は学年で10番目。得意な科目は歴史、クメール語、地理。数学はあまり得意じゃないのだそうで・・・完全文系女子ですね。会計の勉強苦労するかもしれないけどがんばってほしいです!!

ちなみに左にいる女性はリーフォイちゃんのお母さんですが義理のお母さんです。本当のご両親が貧しくってリーフォイちゃんが生後5か月のときに養子に出したそうです。

がんばって勉強して幸せになってほしいです。安田には「がんばれ!!」としか言えません。

図書館が!!

先生やルーンちゃん、リーフォイちゃんたちと学校に戻ってきました。先の「ありがとうメッセージ」のときの写真。建物横にもう1つ建物が一部見えています。これは去年無かったもの。新しい建物が建っていてどうやら図書館になるようです。

この図書館。先生方の説明によると、2,000冊の本の寄付を受けたのですが、それを保管する場所が無くって図書館の建設を決めたのだそう。ただ学校にそんな予算はまったくありません。校長先生が中心になって先生、生徒の親、近隣の人たちがお金を出し合って建てているのだとか。建設の予算は5,000ドル。工事は進んでいるのですが、まだ集まったお金が十分ではなく借金が2,000ドルほど残るとのことでした。前途多難です。来年訪問したときには図書館が完成していることを願っています。

帰り道

予定がすべて完了したのが15時ごろでした。4時間かかるとして19時ごろかな・・・と思っていたところ、冒頭書きましたとおり大渋滞にはまりました。途中で晩御飯を食べてホテルまで送ってもらって解散。そのあと、洗濯して、スピーチ原稿を用意して、明日の荷物の準備をしてブログを書き始めました。もうすぐ12時。今日は2時間でブログ書けました(^^;

明日はなんとなんと、昨年も登場したあの人の登場です。どうぞお楽しみに(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です