カンボジア訪問記2017(11)【番外編 2017/12/10 カンボジア実質最後の日は・・・プノンペンをひたすら歩きまわるのでした!!】

安田です。明日の朝いよいよカンボジアを発ちます。だから今日が実質2017年最後のカンボジア。朝目が覚めて作戦を考えたのですが・・・いくつかやりたいことが出てきました。

  1. おみやげ
    娘と約束したおみやげを探すこと
  2. メコン川
    メコン川の川沿いで恒例のアレをやること

  3. プノンペン駅を見に行くこと

こんな感じです。今のホテルから一番遠いメコン川まではかなりあるのですが、なんせ最終日。街をぶらぶら散策しながらミッションを進めていきたいと思います。

さて、朝食です。昨日とほぼ同じ。脂っこい中華粥と卵焼き(2種類)。昨日意外とあっさりしていた焼きそばはありませんでした。残念。

朝食を終えて、準備を整えいざ出発!!!まずはプノンペン駅を目指しましょう!!

こちらホテルそばにある建設中の建物。なんか商業施設かテナントビルのようなのですが、ハチの巣みたいです(^^; 次来た時には完成しているでしょうか・・・楽しみです。

そしてホテルから歩くことおよそ30分。駅が近づいてきたのですが、その手前に線路の広い敷地があったので入ってみました。みんな入っているし洗濯物とか干してるしいいよねぇ・・・おじゃまします~・・・この写真の遠くに客車が見えます。かなり朽ち果ててそうです・・・

「見にいってみよう!!」

(これがあとの悲劇を招こうとは・・・)

近づいてきました。真ん中の車両、もう朽ち果ててますねぇ・・・

おぉぉぉおお。良い感じ。右端の車両は人が住んでました~!!植木でちょうど目隠しになっています。

さらにアップ。中に入ってみようかなぁ・・・と思った瞬間!!!

「こらー!!!(風のクメール語)」

あっ、だめでしたか、「ごめんなさい」って言おうと声のする方に振り替えると・・・

えっ

ええっ!!

えぇえええっ!!!

声の主は見張りのアルバイトをしているおばちゃん風の人。それよりもびっくりしたのはその人の手から放たれた3匹の大型ワンコ・・・(あたりまえですがワンコの写真なんて撮っている暇もありません)もうこれでもかっていうぐらい吠えながら安田の方に突進してきます。

「えぇ・・・どうしよう・・・こんなとき走って逃げたらあかんよね・・・冷静に・・・冷静に・・・」

車両から離れて回れ右。ゆっくりと歩いて元の道を戻りました。3匹の犬はずっと後ろをぴったりマークして吠えまくります。幸い咬まれなくてすみそうです・・・同じペースで、目を合わさないように・・・ゆっくりゆっくり・・・100mほど歩くと引き返してくれました。

「はっぁああああぁっぁぁぁ・・・・怖かった!!」

と、周りを見回すと線路脇の住民や商店の人が笑ってました(^^;

そんな緊張感のせいか、お腹がゴロゴロ鳴っています・・・あぁ今度はこっちがヤバい・・・というわけで駅の方向に早足で歩き、どこかトイレがないか探しました。

そこで外国人向けのオシャレなカフェを発見。メニューをさっと見て口からでた注文は

「ほっとちょこれーと、ぷりーず!」

なんでかわかりませんが、ココアが飲みたかった心の声かもしれません。

トイレトイレ・・・と店員さんに場所を聞いて入ってみると・・・

トイレのマークがシュールすぎる・・・まるで安田のことを見透かしているような感じ。男子が内股、女子が足クロス。(安田はあせっているときは交互に繰り返すタイプです)急いでいるのに写真を撮ってしまうほどのおもしろさでした。

で、おちついたら、こんな感じ。これで3ドル。外国人向け価格設定。おいしそーですね!!!せっかくなのでゆっくりすることにしました。まわりは外国人というよりもちょっと裕福そうなファミリーやカップルが多かったです。朝ごはんの時間ということもありサンドイッチなどのブレックファーストメニューを頼んでいる人がほとんどでした。

カフェを出るとその横はもう駅でした。駅横には昔の車両などが展示されています。

これも展示。

これが駅。誰もいないし、奥の方に客車が1台停まっているだけです。

こちらが駅の正面。こちらも人の姿はありません。とはいっても理由はわかっているのですが・・・

これが案内板です。運行は金曜日、土曜日、日曜日だけです。プノンペンを出て、タケオ、カンポット(安田が自転車で行った街です)を経てシハヌークビルが終点。シハヌークビルはカンボジアで一番のリゾート地。きれいなビーチもあって外国人にも人気です。そう、だから基本観光目的で使われる鉄道です。だから金土日だけの運行なんですね。で、今日は日曜日だから運航日なのですが・・・

こちらが時刻表。日曜日はプノンペン発が7時と16時の2本だけ。安田が駅についたのは8時頃なので出たあとです。

実は列車に乗ってみようと下調べしていたんです。7時発のにのって次の停車駅のタケオで降りて、シハヌークビルを7時に出た列車が来たら乗って帰ってこようという計画でした。タケオまで1時間半。この計画だったら14時にはプノンペンに戻ってこれる予定でした。

でも断念。なぜなら、90分、トイレ我慢できるかわからないから(^^;

こちら券売の窓口。開いていましたが誰もいませんでした。

こちらがホーム。とってもきれいなホーム。

で、駅舎内部。これもとってもきれいですねぇ。白いアーチが美しいです。風通しもよくて涼しいので、ここで30分ばかり休憩していました。

さて、休憩を終え、いざ出発。こちら2014年に建設されましたVattanac Capitalっていう複合施設です。商業施設、オフィス、ホテルなどが併設されています。靴というかなんというか独特の意匠が印象的です。

さて、やっとみつけました。おもちゃ屋さん。海外渡航した際には現地特有のものを買ってくるのですが、1回目のカンボジアのおみやげは東南アジアで盛んなセパタクローのボールでした。これはあんまし好評ではなく・・・次に買おうと決めたのはダーカウと呼ばれる羽蹴り遊びようの羽です。どんなものか知りたい方はユーチューブなどで検索してみて下さい。
ここでも指さし会話帳が役に立ちました(^^)

「クニョムチョンテニュダーカウ(ダーカウを買いたいんです)」

多分、羽には別の名前が付いていると思うんですけど、これで通じるかなぁと(^^;

で、無事購入できました(^^) 写真のスパイダーマンボールの左側にある筒のようなものがダーカウです。

・・・このブログのためにダーカウのことを調べているうちに楽天市場で羽が売っていることに気がついたことは秘密です。絶対、娘にはしゃべらないでください・・・

しかしおもちゃ屋さんの雰囲気はどこも同じですねぇ。小さい子どもと親が仲良く来店。おもちゃを何にするか楽しそうに選んでいます。楽しい楽しいこどもにとっての夢の国。

さて、次はメコン川目指しておもちゃ屋さんから川を目指してズンズン進んでいくと・・・何やら見慣れたお店が・・・あぁこのお店の通りだったのね・・・

すごい偶然ですね・・・

そういえば自転車旅の足の疲れが癒えていないような気が・・・

今日は時間もたっぷりあるし・・・

というわけで、3度目のクメールマッサージ。今日は2時間コース11ドルでお願いしました。スタート前にトイレも済ませ準備万端。お願いしま~す!!!

さてさて、2時間マッサージを受けてもまだ午前中。今日はたっぷり時間があるなぁ。王宮付近にも少し寄り道して・・・

着きました!!メコン川。あの正確には手前はトンレサップ川といいます。あの向こうの建物あたりでメコン川と合流しているお気に入りの場所です。右手方面が下流。ベトナムの方向です。雨季になるとメコン川の流れにおされてトンレサップ川は上流方面に逆流し、もっと北の方にあるトンレサップ湖は水があふれその面積が何倍にもなるという地球規模の大ロマンス、大イベント、大気象現象が起こるところなんです。

そんな、地球規模のところで何をするかといったらもちろんこれ。自転車プロジェクトが無事に終わったことに感謝して乾杯です。

これで今日の任務はすべて終了・・・と思っていたのですがもう1つ思い出しました。皆さん、下の写真覚えています?

そう。この訪問記の2つめの記事『カンボジア訪問記2017(2)【番外編 2017/12/01 再会!!そしてお約束の六本脚・・・】 』で紹介したペイントアートです。これ、きっと完成しているはずだから見に行こうと思い立ちました。

いざ出発・・・その前に・・・

これです。カンボジアに来て何回目かのヤシの実ジュース。もう飲み納めでしょうかねぇ・・・

見つけました!!!やっぱり完成していました。すごい!!かっこいい!!こちらはカンボジアの伝統舞踊や仮面劇の役者さんがデザインされたもののようです。伝統舞踊を引き継ぐ若者が少なくなってきていて文化の継承が危ぶまれているようです。こうしたペイントアートでもモチーフとして選ばれるのは素敵なことだと思います。

そういえば、その伝統舞踊、観に行ってみたいなぁ・・・と楽しみがまた一つ増えたような気がします。

ん??

なんか光ってる??

所々にスパンコールで装飾されているところがあって日差しが反射してキラキラしています。

洋服部分もこんな感じ。絵を描くだけでも大変なのにこれはすごいなぁ・・・ずっときれいなままで残っていてほしいですねぇ!!!やっぱり見に来てよかった!!

さて、歩きどおしだったのでお腹がすきました。近くの食堂でまたにゅう緬です。あっさりスープがお気に入り。

ぼちぼちホテルに戻ろうと思います。さて、みなさん、この写真。日本の風景と間違えそうですよね。この信号、プノンペンの色々なところで見かけます。それにしてもデザイン似すぎですよねぇ・・・

と、思ったら日本製でした。FRIENDSHIPって書いてあったので友好橋ならぬ友好信号ですね!!

さて、ホテルに戻ってきました。こちら、ずっとお世話になっている「旅の指さし会話帳」です。このページで日本とカンボジアがすごく離れていることを子どもたちは理解してくれました。いま、ピンク色に塗られた日本じゃなくて黄色いカンボジアにいることがとても不思議だったりします。

カンボジア滞在中、スマフでずっとネットできたし(通話はできませんでしたが(^^;)、デザリングで接続することで持参したノートパソコンもずっとネットにつながっていました。

メールなどのやりとりはネットがあればカンボジアでもできるのでなるべくお客様に迷惑がかからないように努めました。(おかげさまで、期間中、仙台と鹿児島での仕事が決まりました(^^)ありがとうございます!)

それでも電話の着信などはあるわけで、安田コンサルティングの事務所は職員さんと家内が2人で守ってくれていました。2人だけでなくたくさんの人に支えられて協力してもらったおかげで自転車プロジェクトが遂行できたのだと改めて思っています。

自分の好きなようにできるのも、何百、何千、何万、何億という人のおかげで成り立っていることを忘れてはいけません。

この地図をみてそんなことを考えていました。

シャワーを浴びて荷造りなど出発の準備をして準備万端。最後の夕食に出かけました。昨日と同じ食堂です。こちらのお兄さん、安田のことを覚えていてくれました。

「今日はどうする?」

「昨日と同じ肉うどんに・・・チャーハンつけて!!」

「はいよっ」

※うどんにチャーハン?と聞くと変ですが、うどんは表現上であってラーメンという位置づけです(^^;

で、出てきましたのがこれ。肉うどんは昨日と変わらぬおいしさ。チャーハンも絶品でした。

こちらが調理場(オープンキッチン)の様子です。ものすごい火力で鉄なべを振り続けるこのお兄ちゃんが安田のことを覚えてくれていた人物です。炎と戦う男。カッコいいなぁ!!!

「ごちそうさま!!ありがとう!!」と大きな声をかけてお店をあとにしました。

さてさて、今日も気ままに自由な一日を過ごしました。明日の朝、空港に向けて出発。お昼頃の便でプノンペンを後にします。

長かったような短かったような・・・

なんでこんなことやってるんやろ・・・って思ったときもありました

でも子ども達の笑顔は見たいし、みんなに会いたいし

そして日本の仲間たちが応援してくれているし

そんな感じで何とか乗り切ってきたように思います。

って、終わった感出てますが、「遠足は家に着くまでが遠足やで!」と昔先生に教わったので、日本に到着する12日お昼まで油断せずにがんばります~(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です