おかげさまで100台分のご支援が集まりました!!

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車100台プロジェクト。先ほど100台目のご支援お申込みを頂きまして、目標に到達することができました。ご協力いただいた皆さん、そして色々と応援いただきました皆さん、そして支えてくれました皆さん、ほんまにありがとうございます。

今年の2月1日から募集を始め、およそ9カ月。色々とお声掛けさせていただいたり広報したり・・・「また安田が自転車のこと言ってる・・・」と正直疎ましく思われた方もおられるかと思います。しつこくってほんまにすみませんでした。

10月末までの残り1週間。引き続き募集しております。1人でも多くの子ども達に笑顔になってほしくって、もうひと頑張りしたいと思います。引き続きご協力・ご支援宜しくお願い致します。

Readyforからお申込み
クレジットカード、銀行振込がご利用いただけます。

Yahoo!ショッピングからお申込み
クレジットカード、Tポイントがご利用いただけます。

注文フォームからのお申込み
銀行振込のみです。(請求書の発行が可能です)


自転車修理に欠かせない軍手!先日のマルシェで大量調達して参りました(^^)

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車100台プロジェクトを主催しております安田です。急に寒くなってきましたね。皆さん、風邪など召されないように・・・

さて本日は軍手の話です。こちらの写真、軍手が24双(軍手は1ペアで1双と数えるそうな・・・)あります。こちら、先日近くの泉南市で開催された泉南マルシェにおじゃましたときに調達して参りました。

調達先は昨年もカンボジア自転車プロジェクトで軍手を提供してくださいました泉州作手紡績さんです。海外製品が多い中、こちらでは自社工場で軍手を作っています。そう、純日本製なんです。以前つけ心地を比べてみたのですが全然違っててびっくりでした。

「こりゃあ、カンボジアの子ども達に日本を知ってもらう術の1つとして最高やん!」

ということで正規品ではなくB級品をたくさん提供していただきました。

これが昨年のときの様子です。自転車クラブ設立の際にダメになっていた自転車を修理したのですが、子どもたちにその軍手を付けてもらいました。

自転車修理ではドライバーなどたくさんの工具を使います。誤って手を刺してしまってケガをするときもありますし、パンク修理のときなどはタイヤに何か刺さっていないか手の感触で調べたりします。そのときに釘やガラス片が手に刺さると破傷風になってしまうリスクもあります。それを泉州作手紡績さんの軍手でカバーしようというわけです。

先述の24双の軍手はこちらの写真右側の「つかみ取り1回100円」でゲットしたものです(^^) 家族で遊びにいったので、娘、家内、そして私の3人で1回ずつチャレンジしました。終わったあと、オマケも入れてもらってこれだけゲットすることができました。残りの足りない分はまたB級品ばかりで申し訳ないのですが購入させていただく予定です(^^)

こんな感じで楽しみながら準備を進めています。自転車プレートや自転車整備マニュアル、準備すべきことは盛りだくさんですがあと1ヶ月何とか間に合わせたいと思います!!

最後はいつものお願いです。

あと10日余り、現在のところ91台まで参りました。あと9台です。皆さんのご協力よろしくお願い致します。

Readyforからお申込み
Yahoo!ショッピングからお申込み
注文フォームからのお申込み

 


残り2週間、あと10台のところまで参りました!

皆さん、こんにちは。カンボジア自転車100台プロジェクトを主催しております安田コンサルティングの安田です。皆さんのおかげで本日16日現在、自転車が計90台のところまで参りました。ご協力いただきました皆さん、誠にありがとうございます。あと10台、何とか100台にたどりつきたいと思いますので引き続きご支援・ご協力ありがとうございます。

今回は自転車ご支援の様々な方法について改めて記載いたします。

1.クラウドファンディング Readyfor(https://readyfor.jp/projects/cam-bi)

9月中旬より始めましたクラウドファンディングです。こちらを経由して43台分のご支援・ご協力を頂いております。こちらを経由してお申込みをご検討されたい場合はReadyfor内のプロジェクトページをご覧ください。お支払にはクレジットカードや銀行振込がご利用いただけます。

2.カンボジア自転車100台プロジェクトのホームページ(http://cam-bi.net/%e3%81%8a%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%bf/

いま、ご覧頂いております本ホームページでもお申込み用のフォームを用意しております。こちらはお申込み頂いてからのお振込となります。請求書、領収書の発行も可能になっています。

3.Yahoo!ショッピング「安田コンサルティング Yahoo!店

あまり知られてはいないのですが、Yahoo!ショッピングでもご利用頂けます。こちらはクレジットカードがご利用いただけるほか、Yahoo!マネーやTポイントでもご利用頂けます。『Tポイントたくさん貯まっているなぁ』という方是非ご利用をご検討ください。またTポイントが付与されることも特徴です。

ご協力いただける方のご都合に合わせるために様々なお申込み窓口を用意しております。皆さん、是非ご協力お願い致します。

 

 

 


民際センターさんのカレンダーに載りました(^^)

こんにちは。カンボジア自転車100台プロジェクトを主催しております安田コンサルティングの安田です。10月12日現在で自転車台数が86台までまいりました。100台まであと14台。今月末の申し込み締め切りまでがんばりますのでご支援・ご協力よろしくお願いします!!

先日、とっても嬉しい出来事があったのでブログでも紹介させていただきます!このプロジェクトを力強く支援していただいている民際センターさんなのですが、この時期になるとチャリティカレンダーを販売されます。子ども達の楽しい写真満載のカレンダーで安田も毎年購入させて頂いています。

先月販売が開始されてすぐに申し込み。自宅用と事務所用の計2つが数日後届きました。早速開けてみてとってもびっくりしました。なんと6月のページにこの自転車プロジェクトの昨年の様子の写真が掲載されているではありませんか!!!

嬉しくてしょうがない安田は早速家内や娘に「これ見て見て!!」と伝えると、「すごいやん!」「よかったやん!」の声。またその喜びをFacebookに投稿したら同じく「すごいですね~」や「6月にも行かないといけませんね~」と喜びの声をいただきました。

オリジナルの写真を探してみました。それがこちらです。真ん中に写っているのが民際センターのカンボジア・プノンペン事務所の所長さんを務めるチャンディさん。子ども達もぎこちない様子ですが嬉しそう。

このような一場面をカレンダーに採用していただけるなんて、私は勝手に「それだけカンボジアの子ども達の力になれているんだ!」と自負しちゃっています。たくさんの人たちに協力・応援していただいて、昨年は自転車81台と自転車クラブ5カ所の設置ができました。自転車を通して子どもたちが学校に通いつづけることができ、教育を受けることで自分達の未来を切り開いていける。このプロジェクトの意義を改めて認識しました。

皆さん、もしよろしければカレンダーのご購入、ご検討ください。(申し込みページはこちら

もちろん自転車プロジェクトも引き続き皆さんからのご協力、お待ちしています!!

お申込みページはこちらです。


自転車プロジェクトのオリジナルコーヒーができました!!

安田コンサルティングの安田です。およそ2カ月前から準備を進めておりましたオリジナルのコーヒードリップバッグのことを紹介します。

カンボジア産コーヒー豆を100%使ったコーヒードリップバッグのことをお話しいたします。こちらの写真がそのコーヒードリップバッグです。

現在、Yahoo!ショッピングさんにて販売しております。商品販売ページはこちらです(^^)

商品に込めた想い

カンボジア産のコーヒー豆を100%使用しましたコーヒードリップバッグです。こちらのドリップバッグは1パック108円で、「少し高いのでは!?」とお感じだと思います。その理由は寄付金付きだからです。

私は2年前に貧困家庭の就学支援をするためカンボジアを訪問しました。子どもたちの状況をこの目で見て、奨学金も大事だけれども、学校に通い続けるためにはまず、その交通手段となる自転車が必要不可欠だということに気が付きました。

1台でも多くの自転車を子ども達に贈りたいと思い、自身でプロジェクトを立ち上げ、協力者を募っています。ホームページを作成したり、クラウドファンディングを始めたり。そして、もう1つがこのコーヒードリップバッグの販売です。

個人でカンボジアからコーヒー豆を輸入し、友人でドリップバッグを製造販売している方に協力してもらいました。輸入送料やドリップバッグ製造、もちろんコーヒー豆代などで1パックあたりの原価が50円ほどかかっています。

これに1パックあたり50円の寄付金を上乗せして100円。消費税を含めて108円となっています。弊社は一切利益を頂きません。販売の主旨をご理解いただいたうえでご購入ご検討ください。

皆さんのご協力お待ちしています。
もちろん、コーヒーの味は最高ですよ!!(^^) おいしいコーヒーを抽出していただけるよう内容量は1パックあたり贅沢に10g使用しています。是非お楽しみください!

完成するまでのお話

昨年カンボジアのプノンペンを訪問した際にコーヒー豆を焙煎販売しているショップを訪問しました。そこでカンボジアにもコーヒー農園があることを知ったのですがプノンペンからかなり遠いところにあって訪問は叶いませんでした。ショップでいくつかのコーヒー豆を購入し、日本に帰って楽しみました。

そして安田にはコーヒードリップバッグを製造販売している友人がいます。その人と話しているうちに「カンボジアからコーヒー豆を購入して、この人に頼めばオリジナルコーヒーバッグができる!!」と思い立ったのでした。

早速、インターネットでカンボジアのコーヒー豆ショップを探し2店舗発見。「日本に送ってもらえますか?」とメールをしたら1社だけ返信がありました。見積をしてもらって、代金を国際送金で送って、そのあとEMS(国際郵便)でコーヒー豆が届きました。

カンボジアのモンドルキリ地方で栽培されているコーヒー豆、アラビカ種とロブスタ種を5キロずつ。計10キロです。

さっそく友人のところへ。こちらの写真に写っているのが友人の吉田珈琲本舗の吉田さんです。届いたコーヒー豆と一緒に記念撮影(^^)

打ち合わせのなかで1袋あたり何グラムのコーヒー豆を入れるかという話になりました。多くのコーヒーバッグは7g~8gが多いようです。吉田さんところのコーヒーバッグをいつも愛飲している私は吉田さんところと同じ10gでお願いしました。「カンボジアのコーヒーをおいしく味わってほしい!」と願っているからです。

そしてできあがりましたのがこれです。ラベルはラベルシールに手作りで印刷したものを貼り付けています。

こちらが裏面。原産国の「カンボジア」の表記を見て少し感動してしまいました!!(^^)

こちらのコーヒーバッグ。およそ1000袋できあがりました。そのうち半分ほどは今回のプロジェクトにご協力頂いた方へのお礼(リターン)のためにとっておき、残りの半分は「寄付付きコーヒードリップバッグ」として販売の予定です。

自転車プロジェクト、皆さんからのご協力、お待ちしています!!

自転車のお申込みページはこちらです。

コーヒーの販売ページはこちらです


Readyforクラウドファンディングの目標金額に到達しました!

カンボジア自転車プロジェクトを主催しております安田です。こんにちは。先日、こちらのブログでもお伝えしましたクラウドファンディング版の自転車プロジェクト(ページはこちらです)。皆さんのご協力のおかげで目標金額に到達いたしました。本当にありがとうございます。

これまでこちらのホームページで独自に募りました協力者の皆さんによる自転車が31台。クラウドファンディングによるものが30台。寄付付きコーヒーバッグ分が3台(こちらはまた後日詳しくお伝えいたします)、安田の支援分が1台。合計で66台となりました。

実は昨年81台プレゼントできましたので「100台に到達するために足りない分の19台新たにプレゼントできればいいなぁ」なんてことを考えてスタートした今年のプロジェクトですが、今年分だけで66台となりましたら、やはり今年分だけで100台目指したくなりました(^^)

クラウドファンディングの方はまだ募集期間が1ヶ月(10月末まで)あります。またこちらのホームページでの募集も同じ10月末まで行っています。

残り1ヶ月となりましたが、100台までの残り34台、何とか増やしたいと思っています。

それで、引き続き積極的にこちらでも、クラウドファンディングの方でも引き続き広報して参りますので改めまして宜しくお願い致します!!