訪問報告(2)カンボジア入国1日前

こんばんは。安田です。

今日はバンコク2日目です。明日のプノンペン入りを前にしてバンコクで1日過ごしました。

img_20161217_064335まずは朝6時に露店で売られているニワトリの鳴き声に起こされて、朝ランに出かけました。昨日SIMカードを手に入れたのでどこでもGPSとランニングアプリが使えます。これもSIMカードを手に入れた大きな理由でした。

目的地は地図アプリで見つけた大きなグリーンのエリア。どうも大きな公園か緑地のよう。そこまでは排気ガスにまみれながら大通りに沿って走りました。

img_20161217_070102到着しましたらウォーキング、ランニング、太極拳などを楽しむ人でいっぱい。「それにしても同じユニフォームを着て走っている人が多いなぁ」と思ってましたらなんとマラソン大会をしていました。

調べてみましたらGreenwave Oxygen Runningというイベントでした。

給水場もあって、思わず手に取ろうとしましたが「あかんあかん!」と思い立って我慢。マラソン参加者もそうでない人もたくさんウォーキングやランニングで汗を流していました。

img_20161217_070425せっかくなのでマラソン大会の看板の前でパシャッ。ちなみにパナソニックさんが協賛に入っていました。こんなところで日本企業のロゴマークを目にするととっても誇らしげになっちゃいます。

というわけで、その様子を少し動画に撮りましたのでどうぞ。


img_20161217_083356ランニングのあとホテルに戻ってきました。ホテルの写真がこれ。どうも長期滞在型(もしくは住んでる?)のホテルのようでした。何より料金が安い。2泊したのですが、1泊あたり1,080円です。もっと郊外ならさらに安いところもあったのですが友人宅からの距離を考えてここにしました。

シャワーでさっぱりしたあと友と合流。朝はリクエストに応えてもらって屋台風の地元民に愛されるお店へ。チャーハンとキャベツ炒め。絶品でした。

そのあと地元の人に愛される生鮮市場へ。そこでもおすすめのお店があるということで早めの昼食(?)もいただきました。市場は鶏肉、豚肉(牛肉は少なかったかな?)、魚や貝類、果物や野菜など食材の宝庫で、内蔵系もこよなく愛する私にとっては天国のような場所でした。

というわけでその天国も動画撮影しましたのでどうぞ。道中、友との話はちょっとプライベートなので音声は削除してBGMを入れています。ご了承ください。※なぜか縦横比がひっくり返って、横にへしゃげた動画になっていますが、雰囲気はわかると思いますのでご容赦ください。

そのあとも再びリクエストに応えてもらいました。タイはラーマ9世が崩御されたこともあって1年間喪に服しています。それであればご冥福を祈ろうとゆかりのある寺院を訪れたいとお願いしていたのでした。

img_20161217_122028訪れたのはラーマ9世が、「このあたりには寺院が無いから」と建立されたというゆかりの寺院とのことでした。お参りの仕方は正式なものがわからなかったので以前ミャンマーにいったときに教えてもらった上座部仏教のお参りの方法(合唱のあと額を床につけることを3回繰り返す)でご冥福をお祈りしてきました。

img_20161217_144744そのあとはバンコクでも商業施設が集まるエリアに。ショッピングセンターには日本でも見られるブランド品やファストフード店、レストランなどがたくさん。みなさん、家族連れやカップルなど楽しそう。ここで本屋さんとスーパーに立ち寄りました。ASEANの大きな地図とビタミンC接種のためグァバを購入しました。

そのあとタイ式マッサージでリラックスしタイ風ベトナム料理で締めくくりました。

カンボジアに入る前に友に会いにバンコクに入ってよかったです。私は東南アジアをひとくくりに「これからの地域」と見ていました。でも想像以上にインフラも整備され大きなビルが立ち並び、そして若者が多く活気のある街でした。その一方で東南アジア共通の社会福祉が行き届いていない有様も目にしました。

今回の自転車プロジェクトでお世話になったダルニー奨学金はバンコクにも事務所があります。支援はバンコクやチェンマイとは遠く離れた東北エリア(イサーン地域)です。ちょうど明日バスでこのエリアを通ります。

地域格差はもちろんですがバンコク市内でももちろん格差はあります。電車の窓からみれば大通りを1つ入ればバラック小屋がたくさんあることを確認できます。そんななか、子どもたちが笑っていてくれることを願っています。そのためにできることを少しずつやっていきたいと思います。

たくさんの学びを与えてくれたバンコクと、その街で奮闘する友に感謝いたします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です