お父さんのためにお医者さんか看護師さんになりたいという女の子。でも・・・

DSC_0163今日は昨年訪問した際にすごく印象に残っている女の子のことを書きます。

この女の子の話を聴いたとき、前回のブログに書いた宿命と運命のことを強く思いました。

1枚目の写真に写っている子が地元の中学校に通うAちゃん。(ちなみに右側の男性がとってもお世話になっているチャンディーさん。クメール語を英語に通訳してくれてます)

DSC_0170トタン板で作られた小さな家にお父さんと住んでいます。隣にはお父さんの母親(Aちゃんのおばあちゃん)が住んでいます。Aちゃんの左側に写っている女性がそうです。とっても高齢です。お父さんが病気で農作業が行えず農業からの収入は殆ど得られない状態です。そのため厳しい生活を強いられています。お母さんは蒸発してしまって何年も帰ってきていないそうです。

DSC_0166Aちゃんは収入を得るために学校に行く前と後でチャンディーさんの足元に写っている藁で編んだカゴを作っています。1日で作れるのはせいぜい2個。1個1ドルで売れるそうで計2ドル。これがAちゃん一家の唯一の収入です。ちょうど真ん中に自転車が写っています。学校までの距離が10キロ以上離れているため、この自転車が無ければ通学に時間がかかりすぎ、カゴを編む作業ができなくなります。収入が得られなければ生活できませんので学校に行くことよりカゴを編むことが優先され、学校に通うことをやめてしまうでしょう。自転車は教育を受け続けるためのとても重要な要になっています。

この写真の後方にAちゃんのお父さんが写っています。ずっと体全体が痙攣しています。どのようなご病気なのかわかりませんが、これでは仕事ができないことは明らかです。Aちゃんはお父さんを助けるために将来医者か看護師になりたいと言っています。

「そうか!!がんばりなよ!!」

で、済む話ではありませんでした。

医者や看護師になるためには高校、大学と進学しなければなりません。それはAちゃんの努力や奨学金をうまく使えば叶うかもしれません。ただ高校、大学に通うために地元を離れる必要があります。そうなるとAちゃんのお父さんが一人になり介護する人がいなくなります。おばあちゃんは高齢のためどこまで助けてもらえるかわかりません。だから高校や大学に通うには今のこの状態を解決する「何か」が必要なのです。

そうした話をチャンディーさんから聞いたとき、私はどう言ったらいいかわからず言葉を失いました。その「何か」についてまったくアイデアが出なかったからです。

Aちゃんは医者や看護師になる夢を諦めなければならないのかもしれません。或いはその「何か」が得られて夢を実現する道が見えてくるかもしれません。

その「何か」とは「チャンス」とも言えるでしょう。或いは「救いの手」かもしれません。安田が奨学金支援をする理由を聞かれたときにいつも言うことなのですが、『いつか来るかもしれないチャンスをしっかりつかむには教育が必要だから』なのです。

前のブログで宿命や運命について書きました。

「命を運ぶ運命」

どう運ぶのかは自分次第。自分次第でどうにでもなる。

それは残念ながら嘘です。どうにもならない宿命があります。

ただ、その宿命を打ち破るチャンスは来るかもしれません。

Aちゃんのような子どもがちゃんと中学校に通えるようにと願ってやみません。

引き続き、皆さんからのご協力、お待ちしています!!
お申込みページはこちらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です